市民ランナー・中島彩の「続・東京マラソンへの道」

 みなさん、こんにちわ! 『走るフリーアナウンサー』の中島彩です。東京マラソン2014が終わって、早くも1週間が経ちました。振り返ると、まだあのときの感動が鮮明に思い出されます。というのも、今回の東京マラソンは、格別な想いを胸に走ったからです。私は昨年に引き続き、東日本大震災復興支援の「チャリティランナー」として東京マラソンを走りました。震災から約3年、毎年被災地を訪れるたびに、「今、自分にできること」を考えさせられます。そこで今回は、震災復興のチャリティにスポットを当てて、東京マラソンを振り返りたいと思います。テーマは、「RUN×チャリティ」。42.195キロ、被災者への想いをいろんな形で表現しながら走りました!

☆届け!チャリティランナーの想い

 東京マラソンに「Run with Heart」というチャリティ・サポートシステムがあるのをご存知ですか? 家族や友人・知人などに寄付の協力を呼びかけ、寄付金総額が10万円以上になると、ランナーとして東京マラソンに出走できるシステムなんです。私が寄付金先に選んでいるのは、東日本大震災の復興支援事業。名古屋でのテレビ局報道部時代の取材をキッカケに、私はフリーアナウンサーになっても毎年、被災地の岩手県陸前高田市を訪れています。今年も東京マラソン2014の2週間前、再び陸前高田に足を運びました。もうすぐ震災から3年が経ちますが、被害が甚大だったため復興への道は遠く、まだ支援の手が必要だと改めて感じました。

 東京マラソン当日、私はチャリティランナー全員に配られる「チャリティTシャツ」を着て走りました。Tシャツの背中に「東日本大震災復興!」と手書きでメッセージを書き、目立つ赤いTシャツだったので、一緒に走っているランナーの目にも止まりやすかったのだと思います。5キロ地点の飯田橋あたりを走っていると、「被災地の方ですか?」と、あるランナーから声をかけられました。私は、「いえ、東日本大震災復興支援のチャリティランナーです」と答え、サポートシステムの内容を走りながら伝えました。すると、そのランナーの方から思いがけない言葉が返ってきたのです。「私は被災地に近い場所から東京マラソンにやってきたんです。被災地でない土地の方からこのような支援をしてもらえるのは、本当に嬉しいですね」。なんとその方は、被災地である宮城県の気仙沼あたりに住んでいらっしゃるランナーでした。震災の被害にもあったそうで、走る時間があまり作れない中、それでも、「憧れの東京マラソンに出たい!」と思ってエントリーしたところ、見事に当選したとのことでした。そして、東京マラソンで走っているときに私の背中のメッセージを見つけ、声をかけてくれたそうです。

 このような形で偶然にも出会えたことが、とても嬉しかったです。チャリティTシャツを着ていて本当に良かったと思いました。チャリティで集めた寄付金や復興への想いが、そのランナーの家族やお知り合いの方の力になれますようにと願ってお別れしました。また、その後も走っていると、沿道から応援してくれる方々が背中のメッセージに気づいて、「チャリティランナーの中嶋さん、頑張って!」と言っていただきました。「震災への想いはきっと届くはず!」。そう信じて、東京マラソンを走りましたよ!

☆リアルタイムで被災地の方にメッセージを!

 以前にもコラムで書きましたが(「チャリティランナーとして再び東北へ」)、陸前高田に住んでいらっしゃる方から、「東京マラソンを観に行きたいけど、なかなか行けない」という言葉をいただきました。私も被災地の方に来てもらいたいし、走る姿を見ていただきたい......。しかし、様々な事情があるので、そう簡単に東京まで行けません。そこで私は、走りながらインターネットで実況することで、少しでも被災地の方々に東京マラソンの雰囲気を実感してもらおうと思いました。

 昨年も私はチャリティランナーとして東京マラソンを走りましたが、そのときは42.195キロを完走することで精神的にいっぱいになっていました。しかし、私もランニングを始めて3年目。多くの大会で経験を積んだことで、「RUN+α」なチャレンジをしてみようと思ったのです。

 私が試みたのは、スマートフォンなどから無料でライブ配信のできるコミュニケーション・サービス「ツイットキャスティング(通称ツイキャス)」を使い、東京マラソンを走りながらいろんな場所をリポートするというチャレンジです(詳細は「東京マラソン2014を生中継!」を参照)。すると、陸前高田で知り合った方々から、「ちゃんと見えているよ!頑張ってね!」というコメントが次々と送られてきました! また、他の視聴者の方からは、「チャリティランナーというシステムがあるんですね」と、被災地復興支援のことを知ってもらえる機会にもなったのです(ツイキャスのライブ履歴に映像が残っています)。さらに、完走したあともいろんな方からコメントをいただき、「心と心がつながる東京マラソン」を少しでも実現できたことに嬉しくなりました。まずは一歩ずつ、自分にできることから頑張っていければいいなと思いました。

 そして、このコラムを読んでくださったみなさまに、改めてお願いがあります。東京マラソン2014のレースは終わりましたが、チャリティ活動は3月末まで続いています。少しでもチャリティ活動に興味を持っていただけたのなら、中島彩のチャリティシートから寄付ができますので、何卒ご協力のほどよろしくお願いします!

 復興への想いを、もっと全国に届けたい――。市民ランナーとして、フリーアナウンサーとして、中島彩の「チャリティランナーのRUN」はこれからも続きます!

【今週のRUN日記】

2月22日(土) 休足日
2月23日(日) 42.195キロ @東京マラソン
2月24日(月) 休足日
2月25日(火) 休足日
2月26日(水) 休足日
2月27日(木) 3キロ @港区
2月28日(金) 5キロ @港区

 東京マラソンを走りきったので、さっそく私はリフレッシュするために鍼(はり)と整体に行きました。整体の先生から、「リポートしながら走ったから、みんなの倍のエネルギーを使ったでしょう。頑張ったね!」と、ねぎらいのお言葉をいただきましたよ。また、今週はあるテレビ番組のロケで被災地の宮城県亘理郡山元町と、福島県いわき市に行きました。収録の合間、被災地に住んでいる方に今年の東京マラソンの模様を伝えると、「来年は絶対、(ライブ配信を)見るっちゃ!走り続けて!」と言ってもらいました。一歩一歩、市民ランナーとしてチャリティを広げていきたいと思います!

 LET'S RUN WITH ME!!

 今日までの練習の様子は、ブログをチェックしてください!→中島彩オフィシャルブログ「走ろう!彩と。」

【profile】
中島彩(なかじま・あや)
1987年8月1日生まれ、大阪府寝屋川市出身。慶應義塾大学法学部卒。元東海テレビ報道スポーツ局。現在はキャスト・プラス所属のフリーアナウンサー、タレント。身長158センチ。趣味はマラソンの他に、政治研究。TBS系列「オールスター感謝祭13春」出演。テレビ神奈川「ハマナビ」リポーター。週刊プレイボーイ(集英社)の電子写真集「ケータイ週プレBook」より、初のグラビア写真集『あぶない女子アナ』が絶賛発売中!

中島彩●文 text by Nakajima Aya