400yubari2014closing1

写真拡大

[シネママニエラ]ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2014のオフシアター・コンペ部門グランプリが3月2日に発表され、映画『さまよう小指』がW受賞を果たした。そしてクロージング作品『野のなななのか』の上映には、常盤貴子、品川徹、内田周作、大林宣彦監督が登壇した。
審査員長の根岸吉太郎監督は「審査員のメンバーできちんと語り合い、「グランプリ」とはどういうものか。ゆうばり映画祭の持つ意味まで踏み込んで熱心に審査しました。自分たちが映画を観ている楽しさを再確認する作業でもありました」と総評を述べた。

そして『さまよう小指』で見事グランプリに輝いた竹葉リサ監督は「絶対に取れないと思ってたので、震えます!この映画を通してたくさんの出逢いもありました。ゆうばり映画祭には何度かショートで応募し、落選ということもありましたが、初の長編作品でグランプリをとれて本当に嬉しいです。キャストやスタッフはほとんどがゆうばり映画祭で出会った人たち。映画祭にも感謝したいです」と満面の笑みで喜びのコメント。

コンペティション部門受賞一覧

◆グランプリ
『さまよう小指』 監督:竹葉リサ
◆審査員特別賞
『女体銃 ガン・ウーマン』 監督:光武 蔵人
◆北海道知事賞
『リュウグウノツカイ』 監督:ウエダ アツシ
◆スカパー!映画チャンネル賞
『死ななくて』 監督:ファン・チョルミン
◆シネガー・アワード※興行関係者とメディア関係者の代表が選考にあたり、受賞作を選出
『さまよう小指』 監督:竹葉リサ