世界29カ国で買い物が一番安かった国1位は?「台湾」

写真拡大

オンライン予約サイト大手「Hotels.com」が行った調査結果を発表。世界29カ国を対象におもちゃから電化製品まで商品計13品目を購入したところ、一番合計金額が安かったところはどこでしょう。意外にも日本は2位!

もしショッピング目当ての海外旅行をお考えならぜひ参考に!

購入品目:アップルのiPadAirとiPad RetinaディスプレイモデルとiPhone5S、レディースの革手袋、ジャン・ポール・ゴルチェのオードトワレ、クロエの香水、スーザン・ボイルのアルバム「ホーム・フォー・クリスマス」、カルバン・クラインの靴下、スパイダーマンのランチボックス、バービー人形の「ドリームハウス」、米ドラマ「ママと恋に落ちるまで」のシーズン7、リーバイスのメンズのストレートデニム「501」、ハリーポッターの書籍セット

5位:タイ(2600.80米ドル)
9000に上る数のアウトドア・マーケットからあらゆるデザイナーブランドがそろう大型ショッピングモールまで、思いつく限りのものだけでなく思いもつかなかったものまで買える国!?

4位:韓国(2537.64米ドル)
既にショッピング旅行先として人気の旅行先のひとつである韓国、法律で小売店にクレジット・カードの利用受け付けを定めているものの、もしあなたが現金払いで臨むなら、さらにお得な割引が待っているかも?

3位:アルゼンチン(2515.56米ドル)
ペソの下落で米ドルも流通する国、アルゼンチン。一部では米ドルの方が歓迎される場所も。北米旅行も兼ねているのなら換金の手間もなくお得?

2位:日本(2505.91米ドル)
世界でも有数のショッピングシティーとして知られる(のだそう)、東京。週末の銀座の歩行者天国で、目の色変わった買い物客も車を気にせず歩き回れる、のも魅力だとか?

1位:台湾(1781.70米ドル)
こちらもショッピング旅行先で人気の場所。さらには2位以下からぶっちぎりの差をつけた安さとなったのは要注目。多くのショッピングモールは地下にあり、駅につながっているという便利さも○。ナイトマーケットも人気のひとつ。

買い物が目的!という人も、買い物が目的でなくてもついつい旅行先でショッピングモールにという人も、お値段の安い国でならちょっと安心?!

参考:
Five of the cheapest shopping cities
http://www.nzherald.co.nz/travel/news/article.cfm?c_id=7&objectid=11190022