<ザ・ホンダクラシック 3日目◇1日◇PGAナショナル・チャンピオンコース(7,158ヤード・パー70)>
 フロリダ州にあるPGAナショナルで開催中の米国男子ツアー「ザ・ホンダクラシック」。初日から首位に立つ北アイルランドのローリー・マキロイが大会3日目も4バーディ・3ボギーの“69”で1つスコアを伸ばし通算12アンダーで単独首位を堅守、復活優勝に王手をかけた。
「ホンダクラシック」のリーダーズボードはここから!
 そのマキロイはこの日スタートの1番からバーディと好発進。続く3番パー5では2オンに成功、イーグルパットは惜しくも外すも楽々バーディを奪いスコアを伸ばした。この勢いでさらにスコアを伸ばすかと思われたが6番、7番で連続ボギーを叩き結局スタート時のスコアで前半を折り返した。後半では12番バーディ、14番ボギーと一進一退、なかなか伸ばせない。終盤の16番でバーディを奪い何とかアンダーパーでホールアウトした。
 大会3日目は1アンダーと迫力に欠ける内容となったマキロイだが、今大会のここまでのスタッツを見るとフェアウェイキープ率61パーセント、パーオン率も68パーセントと上位。それに加え、PUTTS PER GIR(パーオン時の平均パット数)が1.568パットとチャンスを確実に決めている。今大会ショットとパットが噛み合っているマキロイ。2年ぶりの米ツアーVにむけ最終日に挑む。
 昨シーズンは不調に陥りツアー未勝利のマキロイだったが、昨年の年末からの5大会ですべてトップ10フィニッシュ(オーストラリアでの優勝を含む)と復調の兆しを見せていた。さらにプライベートでもテニスプレーヤーのキャロライン・ウォズニアッキさんとも婚約し順調。そんな順風満帆のマキロイ、2年ぶりの米ツアーVで完全復活をアピールできるか。最終日のマキロイに注目が集まる。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
R・マキロイ、復活優勝に王手!T・ウッズも17位Tに浮上!
不調のウッズ、辛くも予選通過
悩む遼、3試合連続予選落ち「昨日、今日のはゴルフじゃない」
あなたのお気に入りは誰!?JGFコンパニオン祭り
女子プロの私服も公開!「写真館」