楽しみ方、色々のスナック「海賊レストラン」

写真拡大

東ハト(東京都豊島区)は、「海賊レストラン」と名付けたコーンスナック菓子を開発、2014年3月3日に「カリブ海のバーベキュー味」と「地中海のピザ味」の2種類を発売する。

グルメな海賊たちの食事をイメージした、コーンスナック

「海賊レストラン」は、7つの海を股にかけるグルメな海賊たちの食事をイメージ。色、形、味の異なるイカとタコの2種類のスナックが1つの袋にミックスされており、一緒に食べるとレストランのメニューを再現した味わいを楽しめる。謎の食材とうたった「ドクロクラゲ」が稀に入っており、それを探せる仕掛けになっている。

「バーベキュー味」は、隠し味にコーヒー豆を使用した「ビーフ味のイカ形状のスナック」と「オニオン味のタコ形状のスナック」が入っており、2つを一緒に食べると「カリブ海風バーベキュー味」を、「ピザ味」は、バジルを加えた「チーズ味のイカ形状のスナック」と、バジルとオリーブオイルを加えた「トマト味のタコ形状のスナック」が入っており、一緒に食べると「地中海風ピザ味」を体験できるという。

オープン価格だが、予想販売価格は130円前後。

また、これらの発売に合わせた期間限定キャンペーンとして、宝探しゲーム「海賊王の秘宝を探せ」を3日から6月27日まで実施。パッケージ中面に描かれた地図を元に、特設サイトで謎解きを進めていく「東ハト史上最も難しい」脱出ゲーム風の宝さがしゲーム(特設サイト:http://tohato.jp/kr/)を行うものだ。

それぞれのパッケージ中面に、半分ずつの地図が描かれており、2枚を合わせると1つの島の地図が完成する。地図はどちらか片方だけ、あるいは無くてもゲームに参加できるが、地図があるほうがより早く解ける謎がある。

すべての謎を解いてお宝を手に入れた先着5人に「黄金の海賊の証」(QUOカード)をプレゼント。抽選で100人に「漆黒の海賊の証」(QUOカード)が当たる。