ネトウヨ?愛国者?“嫌韓女子”が語る「私が目覚めた理由」
 右翼といえば、“黒塗りの街宣車に日の丸を掲げた男性”というイメージがある。ところが、2〜3年前から、若い女性の間でも右寄りの思想に傾倒する人が急増しているという。

K-POP韓流ドラマは絶対観ない!」

「韓国は国ぐるみで間違った歴史を教えて、日本を悪者に仕立てている。許せない!」

「尖閣諸島や竹島は絶対に日本のもの!」

「中韓とは断固国交断絶!」

「広告代理店やマスコミが朝鮮人と結託して、日本人に親韓的な感情を植え付けようとしてる!」

……などと、彼女たちはとても語気が荒い。

 中には、東方神起のファンだったのがいきなり嫌韓に目覚めた女性もいた。

◆「もう韓国コスメは買いません!」

 流行やブランド品を好む、“スイーツ系女子”の相田多喜子さん(仮名・33歳・会社員)はこう話す。

「韓国製のコスメや食品はもちろん、韓国と業務提携や協賛している日本企業の製品も買わないようになった」。

 発端は、知人に紹介された「2ちゃんねるまとめブログ」だという。

「それまで2ちゃんねるに関心がなかったのですが、中国や韓国の実態を伝える書き込みを初めて読んでショックを受けました。韓流芸能人が韓国で日本を悪く言っていること、韓国の性犯罪率の高さ、商品にウジが混入するといった企業の衛生管理のずさんさなどを知り、さらにネットで勉強するように。日本のマスコミが偏った報道しかしないことを知りました」

 2ちゃんねる経由でこうした思想に傾倒する女性は多いが、特に急増したきっかけのひとつとして、2011年の「高岡蒼甫ツイッター事件」がある。俳優・高岡蒼甫が、韓国ドラマや韓流芸能人が多すぎる、としてテレビ局をツイッター上で批判。その結果、高岡が所属事務所を解雇された問題が2ちゃんねる上で話題になり、テレビ局への抗議デモが勃発した騒動である。

◆やっぱり多い「2ちゃんねる経由」

 竹中さちこさん(仮名・29歳・自営業)も、この抗議デモに参加した一人だ。

「サッカーの試合を『韓日戦』と表記したり、ドラマで日本の歴代総理の名前を犯罪者の名前に使ったりと、テレビ局は変だと思っていました。そして2ちゃんねるを見て、反日韓国人がテレビ局を操作していると確信して参加を決心。デモには問題意識を持った一般市民が大勢集まっていて、ここが日本人が一つになる場所だ、と大いに感動しました」

 以来、ネットや知人からの話をもとに”勉強”。

「正直、政治経済や歴史や社会にまったく興味のないお花畑な自分でしたが、もう違う。ツイッターで自然に知識が増えていっています」と語る竹中さん。

 今では尖閣諸島・竹島の領土問題のデモにも熱心に参加するようになった。彼女たちの多くが、ネットを通して真実にたどり着き、日頃感じていた矛盾が解決したと語る。でも、ネット情報を信じ込むって、いわゆる「ネトウヨ」じゃないのか……? 

「違います。私たちがしているのは日本人として当たり前のことだと。許してはいけないことを許したくないだけ」(竹中さん)

◆和服で街宣をする”愛国女性のつどい”

 また「韓国・朝鮮の嘘にご用心!」などと銘打って、繰り返し街宣を行っている「愛国女性のつどい 花時計」という団体もある。2010年に女性2人が立ち上げ、20〜40代の女性を中心に会員数は約720人とか(2014年2月、団体発表)。ときに和服姿で、「夫婦別姓」やら「朝日新聞」やらにアンチを唱えて活動中だ。

 メンバーはこのように話す。

「右翼とか保守とか言われるんですが、私たちは自分の国を愛して日本の国民を大切にする政治をやってほしいと言っているだけで、それってどこの国でも当たり前のことだと思うんですよ。それをさも私たちが特別なことをやっているように取り上げること自体が、現在の日本が異常であることの証明だと思います。私たちは特に中国や韓国を敵対視しているわけでもないし、ただ今の日本は左に偏りすぎていて、私たちが右に見えるのかなと思います」

 見た目フツーの”right wing女子”たちは、単なるネトウヨなのか、真の愛国者なのか――。

<PHOTO/Lajo_2>
― 急増する“右寄り女子”たちの主張【1】 ―