マッサージチェアに足を伸ばして座り、足裏のツボを指圧してもらう足裏マッサージも欠かせないメニューだ。料金はタイマッサージと同等か、少し高い【撮影/DACO編集部】

写真拡大

日本でもブームになったタイ式マッサージ。タイ旅行の目的のひとつにもなっている。バンコク 発ビジネス・生活情報誌『DACO』編集部が、バンコクのマッサージ経営の現状を調査。費用は? 人集めは? リタイア後はタイでマッサージ店でも……そんな夢を見ているひとは必読です。

タイ人経営の街角マッサージ店は、サバーイなビジネスなのか!?

 足ツボの絵が貼ってあるガラス戸を開けると、そこはお気軽マッサージ店。外国人の往来がある通りはもちろん、ローカルな通り沿いでもよく見かける。店の入口でマッサージ師たちが群れて、けだるそうにパパイヤサラダを食べている光景を目にすると「そんなニンニク臭いもの食べていいの?」と心配になる。

 はたして街角マッサージ経営はサバーイ(快適、おいしいなどの意味)なビジネスなのか? まずは開業シミュレーションをご覧いただきたい。

編集部予想では、開店に必要な金額は最低で約60万円!

 通り沿いにあるマッサージ店を覗いて「これぐらいなら手持ちの資金でもできそうだな」と予測したのは、40平方メートルほどのスペースに5脚ほどのマッサージチェアが置かれている店舗。近くのとある食堂の1カ月の家賃を聞いたら半分くらいのスペースで1万5000バーツ(約4万5000円)との答え。そこで、このマッサージ店の家賃をその倍の月3万バーツ(約9万円)、デポジット9万バーツ(約18万円)としよう。

 開業に先立った内装費は、コンドミニアムで修繕に使う金額を参考にし、3万バーツ(約9万円)とみる。道具はマッサージチェア1脚とタオル、石鹸、メニュー表などをセットで購入すると考えて5000バーツ(約1万5000円)。5脚分で2万5000バーツ(約7万5000円)。スタッフの人件費は月給1万バーツ(約3万円)で、5人で5万バーツ(約15万円)。1カ月のエアコン含む光熱費1万バーツ(約3万)。締めて、最低開業資金20万5000バーツ(約61万5000円)。こんなもので立ち上がるのでは?

 大手マッサージ店とは違い気軽に客も入り、1日12時間営業で1時間200バーツ(約600円)のマッサージを40人(マッサージ師1人で8人施術)に施したとして、1カ月24万バーツ(約72万円)。前述の経費に加えて、月々かかる消耗品や電話代、修繕費などを5000バーツ(約1万5000円)と考えると、経費総額は9万5000バーツ(約28万5000円)で粗利は14万5000円(約43万5000円)にもなる。年に1回徴収される30%の税金などを考えても、オーナーは楽々と月5万バーツ(約15万円)はゲットできるのでは!?

実際は総額10万円からオープンエアの地代だけで30万円のところも

「開業にあたり、最低でも1ユニット3万5000バーツ(約10万5000円)は必要になります」と教えてくれたのは、マッサージ店のオーナーを養成する学校「タイマッサージ&スパ・アカデミー」の講師だ。

 このユニットには、マッサージ師ひとりの人件費、ベッド、タオル、マッサージ用の着替え、タイガーバーム、マッサージオイルなど客1人をケアするために必要なものが含まれる。これに家賃は含まれないが、極端な話、これぐらいの金額で青空市場でのマッサージや出張マッサージが始められることになるのだ。

 地代は立地条件によって変動があるのは日本もタイも同じ。ちなみにチャトゥチャック・ウィークエンドマーケットの30シートある青空マッサージ店(地下鉄MRT「ガムペーンペット駅」すぐ)の地代は、月10万バーツ(約30万円)もする。エアコンなしの屋外で、気温が30度を超えても、欧米系の観光客がひっきりなしにやってくる。

 1時間250バーツ(約750円)のタイマッサージ、ざっと見積もっても1日7万バーツ(約21万円)の売上げ。週末(土日)だけなのでトータル月56万バーツ(約168万円)。マッサージ師30人の人件費を引いても、かなりの儲けだ。


 次にマッサージ師の給与形態を調べてみよう。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)