中国経済の行方が 分岐点に立つアメリカ株のカギを握る理由

写真拡大

【今回のまとめ】
1.米国株は最高値に近い水準まで戻った
2.景気は、いわゆるソフトパッチにさしかかっている
3.企業収益は良いが経営者は慎重である
4.中国経済のダウンサイドが懸念されている
5.最も影響を受けるのは中国にエネルギーや素材を輸出している新興国

新高値目前で足踏み

 先週はダウ工業株価平均指数が−0.3%、S&P500指数が−0.1%、ナスダック総合指数が+0.5%でした。小型株から構成されるラッセル2000指数が+1.0%と好調だったことからもわかるように、物色は大型株から個別の材料株へと移っています。

 ニューヨーク株式市場は1月の下落分をほぼ回復し、いわゆるカップ・ウィズ・ハンドル(紅茶カップとその柄)のパターンを形成しつつあります。ここから上放れれば強いチャート・パターンになるのですが、微妙なところです。

アメリカ経済はソフトパッチに

 一方、経済指標を見るとアメリカ経済は、いわゆるソフトパッチ(地面のぬかるんでいるところ)にはまり込んだ様相を呈しています。

 下はその一例で、住宅着工件数です。先週発表された1月の数字は88万件と12月の105万件から急減しました。

 いうまでもなく、これは厳冬の影響です。

 問題はこの減速が単に天候のせいなのか、それとも経済の見通しそのものが暗転しているのか? ということです。この結論は冬が終わってみないとまだわからないと思います。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)