オトコがいう「仕事が忙しくてLINE返せなかった」って本当?

写真拡大

「最近、忙しいってばかりで、彼からのLINEやメールの量が明らかに減ってきているような気がする……。」そんな悩みは女の子なら誰しも、1回は思うことですよね。

「付き合いはじめのころは、もっとたくさんLINEしてたのに……。」

「忙しいって言い訳じゃない? もしかして他の好きな人がいる?」

不安になってしまって、つい「わたしのこと、好き?」「なんで毎日メールくれないの?」「なんで返信が遅いの?」「わたしのこと飽きたの?」こんなメッセージを送っていませんか?

実はこれらは『gooランキング』の「面倒くさいと思う彼女からの質問ランキング」の上位に入っているフレーズ。ドキッとした人も多いのでは? 身に覚えがある人は要注意。彼に、「めんどくせー女」と思われているかも。

「でも、好きなら連絡くらいできるよね?」

「忙しい忙しいって、LINEも返せないくらいに忙しいの?」

「レスするのなんて数分でできるじゃん!」

彼の「忙しい」って言葉が信じられなくて、こう思ってしまう女性たち。本当に男性たちは“LINEも返せないほど”忙しいのでしょうか?

 

■男性は同時に2つ以上のことができない!?

恋愛関連の著書を多くもつ心理コーディネーター、織田隼人さんのブログによると、男性は1度に1つのことしかできない上に、問題を解決しようとする本能があるため、目の前に立ちふさがった問題(=仕事)に没頭してしまうのだそう。

目の前の仕事に集中するあまり、お昼ご飯を食べるのを忘れてしまうことや、間違ってジュースを2本買ってしまう人もいるほど。

もともと、男性は同時に同じことをできないタイプが多いのだとか。電話をするときは、電話で話をするだけ、会話をするときは、会話をするだけ、考えるときは考えるだけ(考えながら同時に話すというのは苦手なのだそう)。

反対に女性は同時に複数の作業を行うのが得意な人が多く、電話をしながらパソコンで電話相手とは別の人間にメールを打つこともできるほど。

そのため、仕事に集中している時の男性は、通勤中も、食事中も、入浴中も、夢の中でさえ(!)仕事のことを考えていると言います。

 

■女性の「忙しい」と男性の「忙しい」は意味が違う!?

こんな時に「わたしのどこが好き?」「これ以上構ってくれなきゃ別れるから(ふっかけ)」などと言われてしまうと、うんざりしてしまいますよね。

彼のいう「仕事が忙しい」は、女性が思ってしまうような時間的制約なのではなく、もっと精神的な制約であることを理解すると、少しは気持ちが楽になるかもしれませんよ。