1泊1万2000円の二段ベッドの部屋に泊まればニセコに長期滞在をすることも可能だ! (c)TVh「けいざいナビ北海道」

写真拡大

オーストラリアを中心とした海外のスキーヤーに大人気のニセコのスキー場。ゲレンデの一つでは、受付やレンタルスキーショップの店員も外国人が対応し使用言語も英語が基本。レストランの客も半分強は欧米人や中国系の人々。そのような光景はもうこの数年すっかり定着した。しかし、彼ら海外からニセコにやってくる人たちが、実際にどうやって過ごしているのかは意外と知られていない。

そこで今回は、私が担当している番組「けいざいナビ北海道」(テレビ北海道)でお届けしたニセコ特集から、Youは何しにニセコへ?

長期滞在者は2段ベッドで自炊生活

 ニセコを含む北海道後志地区の外国人宿泊客述数は2008年度には28万人だったものが2012年度には45万人に増加している。海外客の火付け役はオーストラリア人だったが、最近はアジア、それに欧米からもやって来る。

 彼らのニセコでの平均滞在期間は約1週間。新千歳空港からは車で4時間、札幌からでも3時間かかる場所(JRだと小樽から1両編成の鈍行に揺られていくことになる)に1週間も滞在するとなれば、日本人の感覚でいけば十分に長期滞在の部類に入る。もっともアジアからの数日間の滞在者を含めての平均1週間なので、オーストラリアなど遠方からの訪問者では2週間〜1カ月程度滞在する人も少なくない。

 では、彼らは一体どんなところに泊まり、いくらぐらいを使っているのだろうか?

 「超富裕層が超リッチなホテルに滞在している」、これが海外からニセコにやってくる旅行客で想像する姿ではないだろうか。

 先般、当コラムでも海外からの富裕層向けにニセコに冬季限定で、ミシュランの星を獲得したレストランが出店したことを取り上げた。確かにそういう人たち向けの宿泊施設も存在し番組でも取材したが、1〜3ベッドルームで1日16.5万円〜20.5万円もかかる。ただ、このような高級宿泊施設は数も限られており、ニセコにやってくる海外旅行客のマジョリティがこういう施設に泊まっているわけではない。

 では、長期滞在者はどんなところに泊まっているかと言えば、写真の通りで、シングルの2段ベッドのシンプルなお部屋。決して広いとは言えないが、ゲレンデにはすぐの距離で広めの共有ラウンジが存在し、宿泊料はこれで1泊1万2000円。食事は提供されず、料理をしたい人たちは共同キッチンでの自炊が可能。また、地下にはバーやビリヤード台がある。

 決して安いとは言えないものの、こういう場所に泊まりながら食事もある程度は自炊していると聞くと、なるほど、それなら確かに長期滞在も可能だと納得できるであろう。超リッチ層だけがやってきているわけではないのだ。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)