雪だるまの形をしたご飯に、ハートをかたどったチーズをのせたハンバーグ。まるで母親が子供のために作った「デコ弁」のようだ。さらに、おもちゃが入ったお菓子もついている。

 全日本空輸(ANA)が2013年12月から成田・羽田発の国際線全路線とホノルル発、バンコク発の便で提供中の“子供向け機内食”『チャイルドミール』は、2歳以上12歳未満が対象の子供向け機内食。事前予約は必要だが、追加料金などは一切かからない。

「きっかけは、客室乗務員として搭乗したホノルル便で耳にした、あるお母様のつぶやきでした」

『チャイルドミール』の発案者である鳥巣(とす)奈美子は、客室乗務員らしく凛とした声で話し始めた。

 鳥巣は客室乗務員を務めながら、機内食などの企画に携わる商品戦略部にも所属する。サービスの最前線で利用者のニーズをすくいあげながら商品化を進めていく、という任務だ。

「そのお母様は、お子様の機内食のふたを開けて、こうおっしゃったのです。『あらー、揚げ物ばかりなのね。茶色いおかずばかりで、見た目も地味だわ』。ふだん、お子様に愛情をいっぱい注ぎながらお食事を作っていらっしゃるお母様の目には、残念な料理に見えたのでしょう」

 もちろん、機内食は味も栄養もじゅうぶん吟味している。だが、そこに子を持つ母の気持ちが込められているかといえば……。

 そこで鳥巣は、新たな機内サービスとして、本格的な子供専用の機内食を企画することにした。さっそくメニューの開発を依頼したのは、かつて鳥巣も在籍していたことがある、ケータリングサービスの関連会社である。

「開発にあたっては、どうしてもこだわりたいことがありました。それは、『実際に小さなお子さんをお持ちのシェフにメニューの開発をお願いしたい』ということです。“親目線”で考えていただける若手シェフなら、子供が本当に喜ぶメニューを作っていただけるはずだと思ったのです。それに、ふだんベテランシェフのサポートに回ることが多い若手シェフたちの、モチベーションも上がるでしょう」

 社内公募を行なったところ、女性を含む4人の若手シェフが手を上げた。みな1歳から10歳の子を持つ“パパママシェフ”である。

 試行錯誤の末、メニューが決まったのは2013年10月の半ば。同月末、エアライン業界初の本格的子供向け機内食『チャイルドミール』として発表された。2013年12月から2014年2月の3か月間提供されるその冬メニューは、“パパママシェフ”チーム渾身の自信作である。

「野菜をふんだんに使って栄養バランスに気を配っているのはもちろんですが、料理の見た目の配色にも気を遣いました。たとえば、雪だるまのボタンに緑が鮮やかなグリンピースを使ったりして、地味にならないように工夫しています」

『チャイルドミール』はすぐに話題となり、この冬には多い日で1日250食も予約が入ったという。

「機内は、お客様とともにサービスを進化させていく特別な空間だと思います。今回はお客様のつぶやきが大きなヒントになりました。『チャイルドミール』で親子の会話が弾み、旅を楽しいものにしていただきたい。さらに、『あの美味しくて楽しい機内食が食べたいからまたANAに乗ろう!』と思っていただければ、こんなに嬉しいことはありません」

(文中敬称略)

※週刊ポスト2014年3月7日号