<HSBC女子チャンピオンズ 2日目◇28日◇セントーサGC(6,600ヤード・パー72)>
 シンガポールにあるセントーサGCで開催中の米国女子ツアー「HSBC女子チャンピオンズ」の2日目。3オーバー43位タイと揃って出遅れた日本の3選手は、大会2日目も波に乗れず揃ってスコアを落とした。上原彩子と宮里美香の2人は1つ落とし通算4オーバー、宮里藍は3つ落とし通算6オーバーとした。
 この日、日本勢のトップでスタートした上原は序盤13番でボギーを叩きいきなり躓く。しかし、その後はパーで凌ぎ4オーバーで前半を折り返した。後半は2バーディは獲りながら2ボギーを叩く一進一退のラウンド。結局、通算4オーバーのままホールアウトとなった。一方の宮里美香は序盤の12、13番で連続バーディと好発進。ところが、その後17番でボギーを叩くと後半は1バーディ・3ボギーとオーバーパー、序盤の良い流れを生かせず通算4オーバーとした。
 また、宮里藍はスタートの10番でバーディ発進と巻き返しに期待がかかった。しかし、次の11番ダブルボギー、12番のバーディを挟み、13番でボギーと波に乗れそうで乗れないもどかしい展開。後半はバーディを獲ることができず2ボギーと2つ落としホールアウト。結局2バーディ・3ボギー・1ダブルボギーの“75”で通算6オーバーまでスコアを落とした。
 なかなか調子が上がらない日本勢。残り2日の巻き返しに期待したい。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連リンク】
松山、イーブン57位発進「最低限のスコアで回れてよかった」
【開幕特別企画】女子プロがコメンテーターに!?あなたの今年のテーマを一文字で表すと?
「HSBC女子チャンピオンズ」のリーダーズボードはここから!
ゴルフが好きな美人を紹介!「美ゴ女」続々と更新
女子プロのかわいい私服姿を公開!「写真館」はここから!