金は「西から東へ」と大移動。2014年の金市場の明暗やいかに
2014年の金価格を占う要因のひとつは、中国など新興国の需要動向だ。2013年は金ETF(上場投信)の残高が大きく落ち込む一方で、新興国を中心に金地金や金貨の需要が大きく伸び、金価格を支える要素となったが…。

2013年の金市場の需給面で特徴的だったのは、欧米投資マネーが流出する一方で、中国などアジアやインド、中東マネーの流入が激増し、明確に色分けされたことである。4月と6月にニューヨーク先物市場主導のパニック的な下げに見舞われたことは記憶に新しいが、この大幅な下げがアジアなどでの予想を超えた現物需要の増加へとつながった。これは地理的に「西から東へ」の金地金の移動を意味した。

具体的には2013年1〜9月の金ETFの売却は重量換算で697トンにも上った。大半が欧米の売りだった。一方、金地金と金貨の購入は、同期間に合計1252トンと前年の919トンから36%の伸び。この主な買い手が中国、インドとその他アジア諸国だった。

四半期ベースではドル建て価格の値下がり率が大きかった4〜6月期の需要が中国、インドともに過去最大規模に膨らんだ。中国に関しては、その後も香港経由の輸入が高水準を保ち、2013年1月からの10カ月で982トンと過去最高となった。通年で1000トンを超えるのは確実と思われる。

香港から中国本土への金輸出の急増を裏づけるデータもある。英国からスイスへの金輸出、さらにスイスから香港への金輸出が激増しているのだ。まず、英国からスイスへの輸出量は2013年1〜8月に1016トンにもなったが、前年同期は85トンに過ぎなかった。スイスから香港は1〜9月に707トンと、こちらは前年の127トンの5倍超となっている。このデータが物語るのが、まさに欧米からアジアへの金の移動ということだ。

というのもETFが保有する金地金は金現物取引の中心地でもあるロンドンに保管されているものが大半だが、そこで用いられているのが業者間取引で使われる400オンス(12・5kg)のラージバーだ。売却されたラージバーは、まず有力精錬会社が複数あるスイスへと空輸され、そこで100g 、200g 、500g、1kgの小型のスモールバーに精錬される。そしてドバイやシンガポール、香港へと空輸されていく。このルートが活況を呈していることが「欧米の売り」と「アジアなど新興国の買い」を表し、地理的には「西から東へ」の金地金の移動を示しているわけだ。2014年もこの傾向が続くことが、ドル建て金価格が底堅く推移するための条件のひとつとなる。

亀井幸一郎(KOICHIRO KAMEI)
マーケット・ストラテジィ・インスティチュート代表

中央大学法学部卒業。山一證券、に勤務後、日本初のFP会社MMI、金の国際広報機関WGCを経て独立し、2002年より現職。市場分析、執筆講演など幅広く活躍中。



この記事は「WEBネットマネー2014年3月号」に掲載されたものです。