1,000万円以上の貯金があるアラサー独女は9.8%! コレで貯められる「貯金の秘訣」って?

写真拡大

あればあっただけ「安心」をもたらしてくれる貯金。このままひとりで暮らしていっても、将来がまったく見えなくても、貯金さえあれば「なんとかなるさ」と不安にならずに済みます。でも思った通りには、貯まっていかないのも貯金……。アラサー独女は平均的にどのくらい貯金しているものなのでしょうか? 貯金のためにどんな心がけをしているのでしょうか? アンケートで聞いてみました。

Q.あなたの現在の貯金額はいくらですか?

1位「100万円以上〜200万円未満」17.8%
2位「300万円以上〜400万円未満」16.9%
3位「200万円以上〜300万円未満」16.0%
4位「500万円以上〜600万円未満」13.3%
5位「1,000万円以上」9.8%
※貯金がある方に質問・6位以下は省略。

やはり「100万円〜400万円」と答えた方の割合が多かったです。その一方で、なんと、約1割の方は「1,000万円以上」といううらやましい回答も。では、実際に貯金のためにはどんな取り組みをしているのでしょうか? 具体的に見ていきましょう。

■基本は節約が大事!

・「お弁当を持参する」(26歳/金融・証券/秘書・アシスタント職)
・「無駄使いをしないように、ほしいものだけ買う」(31歳/金属・鉄鋼・化学/秘書・アシスタント職)
・「外食を減らす」(26歳/医療・福祉/事務系専門職)

貯金の基本、まずは節約を心がけるという意見。日々の積み重ねが大きな実を結びます。

■実は実家暮らしが貯まる秘訣!?

・「実家暮らしなので貯められるうちに貯めて、甘えるところは甘えるようにしている」(27歳/医療・福祉/専門職)

ひとり暮らしよりも、圧倒的に有利なのが実家暮らし。嫁ぐ前に、貯められるものは貯めておくのが賢い選択!?

■お小遣い稼ぎでコツコツ貯める

・「使わないことが一番。あと、アンケートサイトに複数登録してアンケートに答え、ためたポイントでQUOカードをもらう。買い物は極力QUOカードが使えるところでする。日々の節約は常識」(26歳/運輸・倉庫/秘書・アシスタント職)
・「ポイント稼ぎでコツコツ貯める。出かけないように我慢する」(33歳/小売店/クリエーティブ職)

地道にお小遣い稼ぎをし、なるべく出費を抑える。ただし地道なお小遣い稼ぎは三日坊主になりがち。上記意見のようにポイントを貯めたら、日々の生活で使うようにすると、お小遣いを稼ぐ楽しみができ、続けやすくなるかもしれません。

■先取り貯金&予算計画が、貯金のコツ!

・「お給料が入ったら先取り貯金。残ったお金で生活する。1週間単位で予算を決めて生活する」(29歳/学校・教育関連/秘書・アシスタント職)
・「定期を契約しています。あと、家計簿をつけています」(27歳/学校・教育関連/専門職)
・「収入・支出をきちんと把握すること。先取り貯金をきちんとすること」(30歳/機械・精密機器/営業職)
・「財形貯蓄を活用する」(30歳/情報・IT/事務系専門職)

余ったお金を貯金しようとすると、いつまでたっても貯金できません。先取りに挫折しやすいなら、自動積み立てで強制的に貯金するのもいいかもしれませんね。また無理な貯金で生活がガタガタになってしまわないよう、収支を把握するのも大事です。

■「額」じゃなく、「割合」で決める

・「実家なので、給料の半分は残すようがんばる!」(26歳/金融・証券/営業職)
・「毎月給料の2〜3割を定期預金。マイボトルを持参して会社でお茶を作り置きする」(28歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

収支の変動が多いと、なかなか思うように貯金ができません。収入の半分は難しいにしても、割合で金額を決めて貯金すれば、挫折せず貯金が続けやすくなりそうです。

■資産運用上級者なら、こんな方法も!

・「株と投資信託。ローリスクローリターンを心がける」(29歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

うかつに手を出すと危ない金融商品。しかし、しっかり勉強して、ローリスクでがっちり貯金をしている人もいました。実際にやるかどうかは別として、資産運用の勉強はしておいて損はないかも!?

日々の生活に流されてしまうと、あとまわしにしやすいのが貯金。でも、貯金はあったほうが将来の展望も見えやすくなるはず。今まで貯金をあとまわしにしていた方なら、ぜひこの機会に少しずつでも貯金をはじめてみましょう。あなたの現在の貯金額は、いくらですか?

(ファナティック)

※『マイナビウーマン』にて2014年1月にWebアンケート。有効回答数112件(26歳〜34歳の働く未婚の女性)