日本ハムは2014年3月1日、"アジアンa la carte(アラカルト)"シリーズとして、「海南チキンライス」と「ガパオライス」の2品を発売する。

「海南チキンライス」は、茹でた鶏肉と、その茹で汁で炊いたご飯を一緒に盛り付ける、シンガポールやマレーシアなど東南アジア各地で広く食べられている料理。国産鶏をしっとりと柔らかく茹で、長ネギや生姜の風味を楽しめる特製ねぎ塩ソースで仕上げた。醤油とオイスターソースの旨みが効いた別添ソース付き。

一方「ガパオライス」は、バジルと肉が主役のいためものをご飯に盛り付けた人気のタイ料理。国産鶏のひき肉と野菜(たけのこ、玉ねぎ、赤ピーマン)を醤油とオイスターソースで香ばしく炒めた。さわやかな風味が楽しめる別添バジルソース付き。

2品とも日本人の口に合うようにアレンジされている。希望小売価格はともに430円(税込)。