消費税アップVSローン減税の拡大と給付金! マイホームの買いタイミングは意外にも……

写真拡大

人生において最も高価かな買い物と言われるのがマイホームだ。消費税アップを控え、もう間に合わないとあきらめてしまった人もいるかもしれないが、ちょっと待った。ダイヤモンド・ザイ編集部が考えるベストな買いタイミングを教えよう。

消費税が課税されるのは建物部分だけ
しかも中古物件には税はかからない

「消費税アップ前に購入を!」。こんな住宅広告を目にすることも多いが、それに乗ってはいけない。住宅こそ、駆け込みNGの代表格だからだ。 住宅購入でまず知っておかなければいけないのが、消費税がかかるのは建物部分だけということ。

 たとえば4000万円(土地代が2400万円、建物代が1600万円)の一戸建ての場合、今なら5%=200万円の消費税が4月から8%=320万円に上がると思っている人は多い。

 しかし、課税対象は建物部分のみ。消費税は1600万円の5%=80万円が8%=128万円に、つまり48万円の負担増で済むのだ。

 無視できる金額ではないが、慌てて不本意な物件を買ったり、頭金も十分に貯まってないのに無理して買うほどの金額とはいえないだろう。

 また、中古物件は消費税の対象外だ(ただし、中古住宅でも前の所有者が不動産業者の物件は消費税の対象)。検討中の物件が中古なら、それこそ慌てる必要はない。

 増税ばかりではなく、4月以降、充実した政府のサポート施策が実施される点も知っておきたい。

 まず、住宅ローン減税の枠が2倍に拡大する。今まで10年間でローン額の1%相当、上限200万円だったものが、4月以降は2倍の400万円に拡大する。ただ、これだと高い住宅ローンを組んでいない人は恩恵を受けられない。そこで、この不公平を解消するために、「すまい給付金」という現金支給も始まる。これは、消費税8%の間だと年収510万円以下の人が最高30万円の現金を一括でもらえる制度だ。

 みずほ総研によれば、これらの施策を加味して試算すると年収800万円以上および年収400万円台の世帯で標準的な住宅購入をした場合は、8%増税後に購入したほうがトクになる。10%に増税後でも5%の時との差はわずか。

 年収500万〜700万円台でも、頭金が少ないなど条件次第では増税後のほうがおトクとなるので諦めるのは早計だ。つまり「大半の人は消費税アップ分が帳消しになるような政策がなされた」(みずほ総研の大和香織さん)のだ。

 また、97年の消費増税時の住宅価格の推移を検証すると、増税後の98年に住宅価格が大きく下落した。その結果、増税前に慌てて購入した消費者が損をしていたのだ。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)