第35回:感動のソチ五輪

「五輪好き」の横綱はソチ五輪が始まると、
連日、テレビの前に釘づけだったらしい。
そして今回も、選手たちの奮闘する姿を見て、
たくさんの力をもらったという。

 ソチ五輪が閉幕しました。大会期間中は、スポーツをやっている者として、またひとりの人間としても、心が揺さぶられる毎日でした。

 私の父がモンゴル人初の五輪メダリストだったこともあって、幼い頃から五輪というモノに対しては、特別な思い入れがあります。それだけに、今回のソチ五輪もとても楽しみにしていました。

 なかでも注目していたのは、今回から新たな競技種目となった女子ジャンプの高梨沙羅選手、5回目の五輪出場となるモーグルの上村愛子選手、そしてフィギュアスケートの浅田真央選手と村上佳菜子選手でした。

 そのうち、身につまされる思いで見ていたのは、高梨選手でした。

 ちょうど同じ日、スノーボードのハーフパイプでは、15歳の平野歩夢選手が銀メダル、18歳の平岡卓選手が銅メダルを獲得。日本の若い力が爆発したこともあって、17歳の高梨選手にもかなりの期待が高まっていました。まして、高梨選手はワールドカップで連戦連勝。「金メダル間違いなし」と思って見ていたファンの方も多かったと思います。

 しかし、結果はまさかの4位でした。五輪の"怖さ"というのか、やはりワールドカップとは違う「何か」が五輪にはあるんでしょうね。

 率直に思ったのは、日本中から期待された17歳の高梨選手は、心身のバランスが崩れてしまったのかな? ということでした。そして、彼女の涙をこらえる姿を見て、私は若い頃の自分を思い出しました。三役、大関へと駆け上がっていった20代前半、私は「勝ちたい」という一心で、自分を見失ってしまうことがよくありました。「ここ一番」という場面で黒星を喫してしまったり、ケガをしたりしていました。それは、周囲からの期待や、自分の地位というモノからくるプレッシャーに負けていたのです。

 その頃、そうした自分を分析することはできませんでしたが、その後、横綱に昇進し、優勝争いを数多くこなして、何度も優勝を重ねるうちに、「ここ一番」で勝てなかった原因が"若さ"であると気づいたのです。

 若いから勢いがある。相撲にも勝てる。ゆえに、自分にも自信がある。けれども、そこに落とし穴があるんです。過度に自信を持ち過ぎれば、足もとをすくわれますし、ほんの少しでも自信が揺らぐと、経験がない分自滅してしまいます。

 高梨選手が、私の若い頃と一緒だったとは言いませんが、彼女も周囲の期待とともに、自ら「結果を出さなければいけない」というプレッシャーをかなり抱え込んでしまったように見えました。それは、17歳の少女が抱えられるプレッシャーの量を、はるかに超えていたのではないでしょうか。

 ともあれ、私は彼女の戦いぶりは本当に素晴らしかったと思います。高梨選手本人は不満かもしれませんが、想像もできないような重圧を背負いながら、よく奮闘していました。また、五輪という大舞台を経験したことは、今後の彼女にとって、必ず糧になるはずです。近い将来、今度は最高の笑顔を彼女が見せてくれることを期待したいと思います。

 高梨選手同様、フィギュアスケートの浅田選手も、日本中の人々から金メダルを期待されていました。メディアでも大きく騒がれて、正直、私は「真央ちゃん、大丈夫かな?」と心配していました。彼女にかかるプレッシャーもまた、20代前半の女の子が抱えるには大き過ぎると思ったからです。

 それでも、浅田選手はすごかったですね。結果的には6位という成績に終わりましたが、フリーの演技は本当に素晴らしかったです。誰しもの記憶に残る、圧巻の滑りでした。五輪には、メダルの色や数では推し量れない"感動がある"ということを、改めて浅田選手に教えられたような気がします。

 若い選手の活躍の一方で、ベテランの強みを見せてくれたのが、41歳で銀メダルを獲得したジャンプの葛西紀明選手でした。その雄姿には、本当に心を打たれました。

 五輪出場は7回目だそうで、1998年長野五輪のときは、団体戦のメンバーから漏れるなど、悔しい思いをしたこともたくさんあったと聞いています。にもかかわらず、決して諦めることなく、41歳まで現役を続けてこられた。それだけでも頭が下がりますが、銀メダルという輝かしい結果まで残すとは......。「すごい」のひと言しかありません。

 葛西選手の姿は、私の大先輩、モンゴル出身力士のパイオニアで、今年40歳を迎える旭天鵬関と重なるものがありました。

 1992年、6人のモンゴルの仲間とともに大相撲界に入門した旭天鵬関は、今年で力士生活23年目。こつこつと努力を重ねて、一昨年には、なんと37歳8カ月という史上最年長記録で幕内優勝を飾りました。

 そんな旭天鵬関をはじめ、引退した旭鷲山関がモンゴル人力士の道を開いてくれたからこそ、後輩の私たちは力士にもなれて、今ある地位を築けたわけです。だから、旭天鵬関が優勝した夜は、後輩のモンゴル人力士が旭天鵬関のもとに全員集まって祝杯を挙げました。実は、葛西選手が銀メダルを決めたあと、日本の選手団がみんなワーッと葛西選手のもとに集まって祝福する姿を見て、そのときのことを思い出しました。その分、あのシーンを見たときは、余計に感動しましたね。

 旭天鵬関は、40歳を迎えた今年も幕内を維持するという目標を持っているそうです。見習うべきは、日々の稽古、特に基本運動を大切にしていることです。長く第一線で活躍し続けるには、そうした地道な稽古、練習が大事だということ。おそらく、葛西選手もそうなのでしょう。そんな偉大なる先輩アスリートの姿を見て、私も改めて基本を大切にして、がんばらなければいけないな、と痛感させられました。

 何にしても、若い選手の活躍や涙、ベテラン選手の奮闘など、今回も「ザ・オリンピック」というものを存分に堪能し、たくさんの感動をもらいました。選手のみなさん、本当にお疲れさまでした。そして、ありがとうございます。

武田葉月●構成 text by Takeda Hazuki