「背中が色っぽくて…」阿部寛、上戸彩の体にメロメロ

写真拡大

2月26日、都内の銭湯「明神湯」で映画『テルマエ・ロマエ供戮隆粟報告会見が行われ、キャストの阿部寛(49)、上戸彩(28)、北村一輝(44)、市村正親(65)、宍戸開(47)らが出席した。

本作は2012年に公開し大ヒットを記録した映画『テルマエ・ロマエ』の続編で、阿部演じる古代ローマの浴場設計技師が現代日本にタイムスリップした姿をコミカルに描く。

前作よりさらに鍛えたという阿部の肉体美を共演者たちも絶賛。上戸が「1番の見どころは阿部さんのお尻!」と話すと、宍戸も「乳首が素晴らしかった」と意味深にコメント。市村も「体のラインがすごかった。いいものを見せてもらいました!」と便乗し、会場を沸かせた。

注目の混浴シーンについて阿部は「彩ちゃんの美しい背中が色っぽくて・・・不思議な癒しの空間でしたね」と照れ気味にコメント。上戸も「初めての混浴でした。もっといやらしい空間かと思っていたけどすごく心地よかったです」と笑顔で撮影を振り返った。

映画『テルマエ・ロマエ供戮4月26日より全国ロードショー。

(撮影/小山伸正)