絵師さんに朗報!!警視庁萌えキャラ「テワタサナイーヌ」がクリエイティブ・コモンズされたぞー

写真拡大

警視庁犯罪抑止対策本部は2月26日、警視庁の萌えキャラ「テワタサナイーヌ」ちゃんのクリエイティブ・コモンズ適用を発表した。これにより表示、非営利、継承を条件に自由に配布・翻訳が可能となる。

【関連:警視庁萌えキャラ「テワタサナイーヌ」ちゃんに男性疑惑浮上】


テワタサナーヌちゃんは、「母さん助けて詐欺」などの注意喚起の広報用として警視庁犯罪抑止対策本部が展開しているもの。
昨年、公式ツイッター(@MPD_yokushi)で紹介され、その見た目の激しさからネットを通じ大きな話題に。

さらに、頭部だけが着ぐるみで、体部分は実体。そして紹介された写真によると、手の部分が異常に太かったことなどから、一時「中の人は男性じゃないか」と騒がれる事態もあった。(今のところ性別は非公開)

今回クリエイティブ・コモンズを発表した警視庁犯罪抑止対策本部のツイッターによると、2次利用についてはさらに一つ条件があり「アダルトコンテンツはNG」とのこと。

ただそれ以外については、「気兼ねなくお絵かきして欲しい」ということなので、腕に覚えのある絵師さんらはぜひ挑戦してみてほしい。

参考:
警視庁犯罪抑止対策本部『テワタサナイーヌ』ページ