2月22日のソチ五輪フィギュアスケートエキシビション。男子シングル優勝者として最後から2番目の登場となった羽生結弦は、川井郁子演奏の『ホワイト・レジェンド(チャイコフスキー作曲「白鳥の湖」より)』で舞った。

「これまでの僕は感情を出そうとすると、自分の内側にすごく入っていってしまうタイプだったんです。今日はそれをあまり中に入れないで、外に出そうと思って集中して、それができたと思います......」

 羽生がこう話すように、その演技からはじんわりと熱い思いが伝わってくるようだった。この『白鳥の湖』は2011年に東日本大震災後初のアイスショーで使った曲だ。復興へのメッセージを込めて、被災した自分の過ごした町が立ち上がる姿を想像して演じたという。

「これをソチでやろうかどうか悩んでいたけど、金メダルを獲ったのでここでやりたいと思いました」

 羽生は優勝後の記者会見で、外国メディアからも被災地への思いについて質問されていた。その時彼は「無力感を感じることもあった」と心情を吐露した。フィギュアスケートでどんなに結果を出しても、それが直接復興の手助けになっている訳ではない。自分は何もやっていないのと同じではないかと。だからこそ、金メダルを獲った今を、復興のために何かを始める「スタート地点にしたい」と話した。

「僕がこの曲をやることで何かが変わるとは思わないけど、僕自身は今回の金メダルからスタートしたいと思うので......。これが間接的にでも復興のきっかけになったり、被災地のことを思い出すきっかけになってくれたらいいと思っています」

 羽生はソチ五輪金メダリストとしての自分の第一歩を、この『ホワイト・レジェンド』で踏み出した。

 ソチ五輪で日本チーム唯一の金メダルを獲得した羽生について、橋本聖子団長は「彼は五輪の本当の怖さを実感したと話していたし、悔しい金メダルだったと話していた。この若さでそれを感じることができるのは素晴らしいこと。次は本当の意味での金メダルを獲りたいと強く思えたことは、本物の財産だと思います」と、19歳の金メダリストのさらなる飛躍に期待を寄せていた。

 羽生の今回の金メダルは、彼にとって決定直後に口にした「ビックリした」というのが本心だろう。何の欲も持たず、挑戦する意識で臨めた最初のショートプログラム(SP)では、2シーズン目になるプログラムという利点を十二分に発揮し、完璧さにさらに磨きをかけた演技を披露して101・45点を獲得。五輪という大舞台で自分の演技を評価されての高得点であり、ライバルのパトリック・チャン(カナダ)には3・9点差をつけた。

 しかし、チャンにとってはまだまだ逆転可能な得点差。フリーではその微妙なリードが羽生にプレッシャーとなってのしかかってきた。

 すぐ後ろにチャンが控える最終組の3番滑走。前に滑ったハビエル・フェルナンデス(スペイン)や高橋大輔はミスをして、SP9位から171・04点を獲得して暫定トップに立っていたデニス・テン(カザフスタン)を抜けずにいた。羽生もその流れに飲まれたのだろう。最初の4回転サルコウの転倒だけではなく、3回転フリップも転倒するというまさかの展開になった。

 次のチャンは世界選手権3連覇中の王者。今季のGPシリーズで、羽生は3戦連続で対決し、多くのことを学ばせてもらった存在であり、彼に逆転されることを覚悟したはずだ。だが、その王者もプレッシャーに飲み込まれてジャンプでミスを連発。羽生の手元に金メダルが舞い戻ってきたのだった。

 試合後、「満足していない」と話していた羽生は、実際に金メダルを手にすると、「うれしさが込み上げてきた」と話していたものの、その後は日にちが立つにつれ、悔しさの方が大きくなってきたという。

「僕自身は、もっと強くなりたい。今回の金メダルはあのSPがあったから獲れたもので、フリーは満足できるものではなかった。だからこそ、僕自身をもっと高められるようにしたいです。これからルールも変わると思うけど、その中でもしっかり、五輪のメダリストとして、しっかりと時代をつくれるくらいに頑張っていきたいと思います」

 そう決意する羽生は、練習ではトーループやサルコウ以外の4回転ジャンプや、トリプルアクセル+4回転トーループの連続ジャンプも試みているという。将来的にはフリーで4回転ジャンプ3回も視野に入れているが、まずは今の2種類の4回転を確実にすることが目標になる。

 悔しさを感じるソチの金メダル。それは19歳の青年、羽生結弦のモチベーションをさらに向上させるきっかけとなったようだ。

折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi