『サイコメトラーEIJI』が舞台化―エイジ・小澤雄太(劇団EXILE)/志摩・岩佐真悠子

写真拡大

漫画『サイコメトラーEIJI』(原作:安童夕馬、作画:朝基まさし)の舞台が、2月26日から3月2日に渋谷・GBGKシブゲキ(東京都渋谷区道玄坂 2-29-5 ザ・プライム6F)で全8公演行われる。

【関連:ジャンプスクエア連載中の『帝一の國』舞台化決定】

サイコメトラーEIJI〜時計仕掛けのリンゴ〜


『サイコメトラーEIJI』は、物体に宿る記憶や思いを読み取るサイコメトリー能力を持った主人公エイジが、女刑事・志摩亮子とともに事件を解決するミステリー。原作は1996年から2000年に講談社・週刊少年マガジンで連載され、二度ドラマ化もされている。さらに2011年からはヤングマガジンで『サイコメトラー』とタイトルを改め連載中。

舞台『サイコメトラーEIJI〜時計仕掛けのリンゴ〜』では、主人公エイジ役を劇団EXILEの小澤雄太さんが、ヒロイン志摩役を岩佐真悠子さん、心理学者沢木晃を天野浩成さんが演じる。

また脚本・演出は漫画家・小手川ゆあさん原作の舞台『ライン』を手がけた西永貴文さんが担当。

舞台上演にあたり、岩佐さんは「真っ直ぐで熱い女刑事・志摩亮子を演じます。ちょっとおバカでセクシーで、可愛げのある“シマさん”になれるよう、頑張ります。」と語っている。

なお、チケットは前売り・当日ともに6500円(税込)。チケット問い合わせはOffice ENDLESS(03-4530-9421)まで。

―スタッフ・キャスト
・出演:小澤雄太(劇団EXILE)、岩佐真悠子、天野浩成、鮎川 太陽、佐野ひなこ、中島 愛里、塚本拓弥、加藤靖久 (AND ENDLESS)
・脚本・演出:西永貴文(猫☆魂)
・プロデューサー:清水みちる、下浦貴敬
・主催・制作:礼泉堂 Office ENDLESS
・原作:安童夕馬
・作画:朝基まさし(講談社刊)