万城目も褒めた濱田岳主演作、「偉大なる、しゅららぼん」ヒット祈願。

写真拡大

作家・万城目学原作の映画「偉大なる、しゅららぼん」が3月8日より公開される。それを前に、2月25日、東京・増上寺で濱田岳(25歳)、岡田将生(24歳)、深田恭子(31歳)がヒット祈願イベントを行った。

各キャストのコメントは次の通り。

◎濱田岳
(映画のヒット祈願とは別に勝ちたい事は何か、と問われて)こんなに大きく祈願していただいて、普段みたいにふざけちゃいけな気がするんですが、こういう状況でも面白いことを言える様に、自分に勝ちたいですね(笑)。皆さんにこの映画を観て頂けるのが何よりの喜び。原作の万城目先生にも褒めて頂きましたし、胸を張って皆さんにお披露目したいです。この作品は、お話を頂く前に原作を読んでいたんです。原作ファンとしてももちろんですが、映画に出演している側でも、良い意味で期待を裏切られる作品になっていたと思います。CGの迫力もすごいですが、キャラクターの感情や表情でも十分楽しませてくれる作品。年齢を問わず、いろんな人が観る事の出来る素敵な娯楽映画になりました。エンドロールも、席を立たずに最後まで観て欲しいです。この作品の不思議な題名の謎が分かると思いますよ。

◎岡田将生
なんだか身が引き締まる思いです。普段なら、二人でふざけたことを言ってしまうんですが…(笑)。(映画のヒット祈願とは別に勝ちたい事は何か、と問われて)今年も、これから色々とあるので、もっともっとお仕事をしたいです。自分の限界を決めず、どんどん戦っていきたいですね。(映画のヒット祈願が)初めてで、緊張しすぎて、手がビチョビチョになってしまいました(笑)。この作品は、子どもから大人までワクワクさせてくれる映画です。琵琶湖が割れるCGのシーンがあるんですが、そこで渡辺大さんと馬に二人乗りするんです。とても迫力があるので、是非見て欲しいですね。

◎深田恭子
本日は、こんなに素敵なヒット祈願をして頂いて、本当に嬉しいです。皆さんに観てもらいたい気持ちが一層強まりました。(映画のヒット祈願とは別に勝ちたい事は何か、と問われて)私は、色んな事に悩んだり、心配になってしまう事が多いので、弱い自分に勝ちたいな、と思います。この作品は、摩訶不思議ではあるんですが、とても人間味に溢れています。(劇中の役では)他の人には無い力を持つことで悲しい想いをしてしまうんですが、やっぱり“普通”が良いのかな、とも思ったり。今日も来てくれたマレーボ(白馬)に乗るために撮影前から乗馬をしたり、貴重な経験ができましたので、是非そこも観て欲しいです。

映画「偉大なる、しゅららぼん」は3月8日(土)、全国ロードショー。

☆「偉大なる、しゅららぼん」ストーリー

琵琶湖畔の街、代々不思議な力を伝承してきた一族・日出(ひので)家の本家に、力の修業のため分家の涼介がやってきた。生きる伝説と呼ばれる本家跡取りの淡十郎は涼介に、自分と揃いのオートクチュールの赤い制服を着せ振り回し、いつしか、「殿」と「供」の関係に……。

ある日、淡十郎の失恋をきっかけに、不思議な力を伝承するもう一つの一族であり、1300年にわたり日出とライバル関係にある同級生の棗(なつめ)一家と、ぶつかりあう。この小さな失恋の腹いせがきっかけとなり、世界を滅ぼす大事件が勃発する……。