ナイナイ岡村が“同棲”に意欲「どんどん取り残されている感じが…」。

写真拡大

お笑いコンビ・ナインティナインの岡村隆史(43歳)が2月25日、声優を務めた映画「LIFE!」の日本語吹き替え版完成披露試写会に登壇。作品への想いを語った。

この日、声をあてた主人公“ウォルター・ミティ”そっくりの出で立ちで登場した岡村。空想癖があるウォルターとの共通点は? との質問に「小柄なところなどパッと見た感じや、恋愛に対して引っ込み事案なところが似ている(笑)」と答えると、会場は爆笑に包まれた。

また、今後チャレンジしてみたいことは? と聞かれると「同棲ですね。どんどん取り残されている感じがするので、ウォルターのように自分も変わらないとあかんなぁ」とコメント。外見以上にウォルターにそっくりな岡村に会場は大盛り上がりとなった。

続いて岡村自身の“人生の転機”をテーマにした、本邦初公開の秘蔵写真大公開。“矢部さんと出会った頃の写真”や“デビュー当時の写真”がスクリーンに映し出されると、照れながらもあまりの懐かしさに「当時はお笑いという夢に向かって頑張ろうと必死でしたね」と振り返った。

続いて“ABCお笑い新人グランプリ最優秀新人賞を受賞した時の写真”では「オマケ扱いをされていたけれど、他の組にはない“立ちの漫才”スタイルをとって優勝をつかみとった。矢部さんは当日成人式にも関わらず、大会に出ましたからね」、“吉本印天然素材の時の写真”では「本格的にこの世界で食っていこう、やっていこうという決意が芽生えた頃。当時はすごい人気でしたね」。

そして“沖縄での写真”が映し出されると「沖縄はパワーがもらえる本当に素晴らしい場所。来月行われる沖縄国際映画祭でもレッドカーペットを歩きます!1人で(笑)」と自虐的に語った。

ラストはとっておきの一枚を岡村にプレゼント。アフレコ時の写真が、LIFE誌の表紙風にアレンジされたものが映し出されると、「顔緊張してるでしょう、とても気持ち良い写真ですね。楽屋にあったので持って帰って飾りたい!」とビックリしつつも大喜びの岡村。映画さながらの素敵な演出に、会場からは温かい拍手が贈られた。

岡村は、本作について「吹替えに対して不安がありましたが、今回は引き受ける前に、主人公のウォルターが新しいことに挑戦している姿を見たので、『僕もやってみよう!』と思いました。『LIFE!』だから挑戦したということですね。台本も標準語だったのですが、関西弁でも良いと言ってもらえました。その場で変換していくのは大変だったのですが、自分にあっていた気がします。観客の皆さんにも良かったと言って頂けてホッとしました。『LIFE!』は主人公が段々と中身から大人に成長している過程を見ることが出来ます。その中で新しいことにチャレンジする主人公を見ると、自分も何かやってみたい、少しだけでも頑張ってみようかなと思えます。例えば少しでも躊躇する気持ちがある時は、『LIFE!』を観ると背中を押してくれるはずです。ぜひ映画館で何度でも観て頂きたい作品ですね。そして観終わった後、ぜひ良かったよと、岡村の吹替えも良かったよと口コミをして頂きたいです(笑)」とコメントを寄せている。

映画「LIFE!」は3月19日TOHOシネマズ 日劇ほかロードショー。