勘三郎さんDVDが自己最高位に、ドキュメンタリー「映画 中村勘三郎」。

写真拡大

2012年12月5日、急性呼吸窮迫症候群(ARDS)のため57歳の若さで亡くなった歌舞伎俳優・中村勘三郎さん。その約20年間にわたる密着映像を厳選して制作されたドキュメンタリー映画「映画 中村勘三郎」のDVDが、2月19日に発売され、今週3月3日付けの週間DVDランキング(集計期間:2月17日〜23日)に初登場し、邦画部門4位、総合では37位に入る健闘を見せた。

中村勘三郎さんの映画DVDはこれまで「やじきた道中 てれすこ〜花のお江戸版〜(通常版)」(2008年5月発売)の107位(2008年6月2日付け)が最高位であったが、今作はそれを5年9か月ぶりに上回り自己最高位を記録。

また、同日発売のBlu-ray Disc(以下BD)盤も今週3月3日付け週間BDランキングに初登場し、総合46位(邦画BD部門5位)を獲得している。

今作は、20年にわたる密着取材、7000時間を超える取材テープ、膨大な記録映像から稀代の歌舞伎俳優・中村勘三郎は何処に向かって走り続けたのか。私たちに何を伝えようとしたのか。歌舞伎だけでなく、現代劇や海外公演など精力的に活動した稀代の名優の偉大な功績を振り返る内容となっている。