消費増税、約半数が「買いだめの予定なし」 −ジャストシステム調べ

写真拡大

株式会社ジャストシステムは、全国の20代〜60代の男女1,000名を対象に、セルフ型アンケートサービス「Fastask(ファストアスク)」を利用したアンケート『消費税に関する調査』を実施、結果を発表した。調査期間は2014年2月14日(金)〜2014年2月15日(土)。

消費増税による支出控えについて尋ねたところ、65.4%が「支出は控えようと意識はするがそれほどではない」と回答、次いで「あまり支出を控えようとは思わない」(12.3%)、「既に具体的な節約計画を立てている」(11.6%)であった。増税後も、それほど支出控えをしないと答えた層の割合を、性別・年代別で見ると、「60代男性」が28.4%と最も多く、次いで「30代男性」が23.1%、「40代男性」が22.9%という結果に(「支出を控えようとは思わない」「あまり思わない」の合計)。

消費増税において支出を控えようと思うことについては、最も多かったのが「外食」(33.2%)。次いで「洋服・ファッション雑貨」(26.0%)、「旅行などのレジャー」(18.3%)となった。

消費税率8%を自然に受け止められるようになるのに必要な期間について、「3ヶ月未満」の人は26.3%、「3ヶ月〜6ヶ月未満」の人は21.6%と、約半数にあたる47.9%が「6ヶ月未満」で慣れると回答した。

消費増税による自分の年間支出の増額について、「どれだけ支出が増えるかは知らないし、今のところ調べる予定もない」と答えた人が最も多く44.8%、次いで「どれだけ支出が増えるかは知らないが今後調べようと思う」人が32.7%であった。

消費増税対策としての買いだめについては、「予定はない」と答えた人は52.2%。さらに69.8%の人が現時点でも「特に買いだめはしていない」ことがわかった。