ツアーでも使用者が多いSLDRドライバー 新たなMiniとは?(撮影:ALBA)

写真拡大

 テーラーメイドの新たなクラブヘッドがUSGAの公認クラブリストに登場した。その名もSLDR“Mini Driver”。この新製品は米国ゴルフメディアによるとマスターズ前を目途に投入される予定となっている。
テーラーメイドSLDRドライバーの試打インプレッション
 SLDR Miniドライバーはまだ全貌が明かされていないものの、形状はその名の通り250CCとヘッド体積がかなり小さいドライビング・フェアウェイウッド。ロフト角は12°でアジャスト機能は有していない模様だ。また、SLDRドライバーに見られたソールの弾道調整機能はなく、ドライバーというよりはSLDRフェアウェイウッドに似ていると言える。
 昨年のマスターズではフィル・ミケルソン(米国)が“フランケンウッド”という名前のドライビング・フェアウェイウッドを投入して話題となったが、テーラーメイドの広報デイブ・コルデロ氏は「このSLDRミニドライバーは、ツアープレーヤー達からのフィードバックや要望に基づいて設計された画期的な製品だ。当社としては今後テストを継続することに期待をしている」とコメントした。
 テーラーメイドはヒット作となっているSLDRドライバーを継続的にプロモーションしているが、この新製品も多くの話題を呼びそうだ。
<ゴルフ情報ALBA.Net>