<男子世界ランキング>
 2月23日付けの最新男子世界ランキングが発表され、先週の「WGC-アクセンチュア・マッチプレー選手権」を制したジェイソン・デイ(オーストラリア)は前回の11位から4位に急浮上した。同大会2回戦敗退だった松山英樹は前回から変わらず22位となっている。
【男子世界ランキング】
1位:タイガー・ウッズ(10.27pt)
2位:アダム・スコット(8.79pt)
3位:ヘンリック・ステンソン(8.47pt)
4位:ジェイソン・デイ(6.94pt)
5位:フィル・ミケルソン(6.76pt)
6位:ジャスティン・ローズ(6.34pt)
7位:ザック・ジョンソン(6.03pt)
8位:ローリー・マキロイ(6.00pt)
9位:セルヒオ・ガルシア(5.92pt)
10位:ダスティン・ジョンソン(5.78pt)

22位:松山英樹(4.14pt)
76位:小田孔明(1.75pt)
80位:石川遼(1.71pt)
89位:片山晋呉(1.59pt)
104位:谷原秀人(1.44pt)
143位:池田勇太(1.17pt)
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
松山英樹は2回戦敗退も22位浮上 来季のシード権をほぼ手中に!
【舩越園子コラム】ゴールデンハンドより強かったもの
倉本昌弘がPGAの新会長に就任!暴力団排除へ会員と面談も
毎日更新!コンパニオンカーニバル開催中!
意外と身近!?ドバイのゴルフ事情とは