カナダ・オンタリオ州で開催中の「フィギュアスケート世界選手権」は14日(日本時間15日)、女子ショートプログラム(SP)を行った。

バンクーバー五輪金メダリストのキム・ヨナ(韓国)が69.97点でトップに立ち、前年優勝のカロリーナ・コストナー(イタリア)が66.86点で2位。そして、日本勢の村上佳菜子が66.64点で3位に入った。

2年ぶり、キム・ヨナとの直接対決で注目集めた浅田真央は、トリプルアクセルを成功させたものの、二つのジャンプでミスをして、62.10点で6位。トップのキム・ヨナとは、7.87点差がつけられた。

鈴木明子は、冒頭のコンビネーションジャンプの二つ目が回転不足となり減点。61.17点で7位だった。

前半のSPで、会心の演技を見せたのは、村上佳菜子。5つのジャンプ全てを成功させて、得点を伸ばした。

(photo by Tsutomu Kishimoto/PICSPORT)livedoorスポーツ

ヨナ銀…怒る韓国を米紙が分析

ざっくり言うと

  • NYタイムズが、キム・ヨナをめぐる判定と、韓国人の激しい怒りを取り上げた
  • 同紙は、韓国は苦痛を受けさせてきた国々から勝つか負けるかに敏感と分析
  • また、韓国は数値化可能な結果に対し執着が強くなったとしている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング