仮面宣伝マン、『仮面ティーチャー』ファンの聖地へ! 都内近郊出没まとめ

写真拡大

『劇場版 仮面ティーチャー』(絶賛公開中)の宣伝のため、全国各地でPR活動に精を出している仮面宣伝マン。都内でも様々なイベントに出没し、"課外授業"を繰り広げていた。今回はそんな都内で行われた活動をいくつかまとめて振り返ってみたい。

「ウレぴあ総研」でこの記事の完全版を見る【動画・画像付き】

■2月3日(月) 12:00 赤坂・日枝神社

仮面宣伝マンがこの日向かったのは、1月11日(土)に映画の大ヒットと旅の安全のための祈願祭を執り行っていただいた赤坂の日枝神社だ。そう、この日は「節分祭」。なんと、仮面宣伝マンも守屋健太郎監督と一緒に著名人の方々に混じって豆まき(節分祭追儺神事)に参加することになっていたのだ。

だが、前回の祈願祭のときもそうだったが、実際に豆まきが始まるまでには2時間ほどあるとあって、境内にはまだほんの少ししか人はいない。神殿から前にせり出す形で舞台が作られ、その舞台から正面の門に向かって紅白のロープが両側に張られている。豆まきに参加する人たちは、どうやらそのロープの中を通って檀上に上がるようだ。

そこで門の正面に回ってみると、この日、登壇して豆まきをする著名人の名前を「本日の特別年役」として書いた紙が貼られていた。その著名人は次の通り(いずれも敬称略)。

清國勝雄(元伊勢ヶ濱親方)、増位山太志郎(元三保ヶ関親方)、琴欧洲関(佐渡ヶ嶽部屋)、琴勇樹(佐渡ヶ嶽部屋)、三宅義信(重量挙げ金メダリスト)、國井結花(上智大学ミスソフィア)。

いや〜錚々たる顔ぶれだ。テレビのニュースでは毎年、著名人の方々が豆まきをしている様子が紹介されるが、実際に登壇した人はそんなにいないだろう。仮面宣伝マンもさぞかし、控室で緊張しているに違いない。そう思って楽屋を覗いてみると……そこには紋付き袴姿の仮面宣伝マンが。いつもとは全然違う出で立ちだけど、これはこれで似合っている。でも、七五三の子供のようにどこかソワソワと落ち着きがない。気持ちも高揚しているようだ。

そうこうしているうちに豆まきの時間が近づいてきたが、外に出て驚いた。えっ、さっきまでまばらだった人の数が境内を埋め尽くすほどに膨れ上がっていた。中には学校の生徒と思われる団体もいる。でも、そうは言ってもこの日は月曜日。みんな仕事や学校は大丈夫なの?

そんな心配をしている間に、ついに正午になり、予想していた通り、紅白のロープの中を琴欧洲らの著名人が舞台に向かって進んでいく。あっ、守屋監督の姿も確認できた。だが、仮面宣伝マンはいない。けれど、そんなことよりも驚いたのは、著名人の方々が全員登壇した途端、張られていた紅白のロープが外され、埋め尽くしていた人たちがガ〜っと一斉に舞台正面に駆け寄ったのだ。


それからしばらくは神殿の中で厳かに祭事が執り行われ、ようやく豆まきがスタート。琴欧洲の隣に今度は仮面宣伝マンの姿も見つけることができたが、そこからが本当の戦争だった。

邪気を祓い、運気と幸運を招き入れるように威勢よく豆をまく仮面宣伝マン。よ〜く見ると、『仮面ティーチャー』のファンらしき若い女性たちもそこここにいるようだ。だが、辺り一面人、人、人で仮面宣伝マンになかなか近づくことができない。それどころか、みんなジャンプをして豆をつかみ取ろうとするから結構危ない。

でも、そこは心優しい仮面宣伝マン。後から聞いたら、ファンの人たちを確認できたようで、ちゃんとそこに向かって豆を投げていたのだ。

こうして、実りのある豆まきは大興奮の中、20分ほどで終了。つめかけた多くの人たちが満足そうな笑みを浮かべながら日枝神社から去っていく。

ところが、豆まきが終わったというのに、舞台から離れない人たちもまだ大勢いる。そう。その残った人たちこそが、この日集まってくれた『仮面ティーチャー』と仮面宣伝マンのファンの方々だったのだ。

仮面宣伝マンはそのときに思った。みんなに感謝の気持ちを表したいと。そこで、日枝神社のご厚意で舞台にただひとりもう一度現れ、みんなのカメラに向かってポーズをとり、深々と頭を下げた。たぶん、仮面の中では満面の喜びの笑みを浮かべていたに違いない。

そう確信できるほど、仮面宣伝マンとファンの方々の心がひとつになった瞬間だったのだ。

■2月4日(火) 17:00 バイクバー・ホットチョコカフェ

日の変わったこの日の夕方には、仮面宣伝マンは東京都品川区西大井の「バイクバー・ホットチョコカフェ」にいた。24時間好きなときにメンテナンスすることが可能な“バイクガレージ”の新しい形を提案するこの店は、喫茶・軽食スペースも兼ね備えていて、『仮面ティーチャー』のファンの間では聖地と呼ばれている場所だ。

そう言われても分からない人は、写真をよ〜く見て欲しい。そう、そうなのだ。ここは連続ドラマ、劇場版に、剛太の正体を知る数少ない人物・小林十兵衛(六平直政)が経営する、バイク好きの溜まり場「カフェホッパー」として登場した場所。十兵衛がひとり娘の佐恵子(山本舞香)と傷ついた剛太の手当てをするシーンを覚えて人もいるだろうが、改めて見てみると、置いてあるバイクもカウンターも見覚えがあるものばかりだ。

聞けば、ある日突然、連続ドラマの制作スタッフがやってきて「バイク好きが集まるお店をネットで探していたらヒットしたんです。バイクのことだけでなく、プライベートのことも相談できるようなお店がいいんですけど」って話しかけてきたようで、「まさにウチはそういう場所よ」と答えたことから撮影に使われることになったらしい。

実際には20人ぐらいのスタッフでドラマが2日間、劇場版は1日この店で撮影。タイトなスケジュールのせいでピリピリした空気になったこともあったものの、ムードメーカーの六平さんを中心とした、すごく楽しい撮影だったという。

藤ヶ谷に対しても店を訪れる若いバイカーと同じように気さくな青年という印象だったようで、仕事に対してはすごく真面目だが、撮影中も店のバイトの女の子と楽しそうに話していたとか。

それでは荒木剛太の大好物のマンゴジュースは、どのようにして生まれたのだろう? すると「剛太が甘いもの好きという設定だったので、最初はチョコレートドリンクにしたかったんだけど、色味の問題でマンゴジュースになった」というレアな情報が。「でも、藤ヶ谷さん本人もマンゴジュースが好きみたい」

いまでは、そのマンゴジュースを飲みたいファンがこの店に殺到していて、遠くオーストラリアやハワイからやってきた日本人女性もいたというからビックリだ。

しかし、この日は豆まき日和の前日の晴天とは打って変わって、午後から降り出した雪が早くも積りかけている最悪の天候。しかも、めちゃくちゃ寒いから、さすがに訪ねてきてくれる人はいないかもしれない。実際、15分前に外を覗いたときには誰もいなかった。

ところが、仮面宣伝マンの登場を予告していた17時5分前になると、店の外に傘を持った数人の人影が。どうやら、何度もこの店を訪れている近所の『仮面ティーチャー』のファンの方々のようだ。あり難い。と、今度は世田谷区と神奈川県の女子高生の7人組がドドドッと店に入ってきて、店内は一気に賑やかなムードに。さらに小さな子供を連れた主婦のふたり組が、雪の降る寒い中、千葉県からわざわざ来てくれるという嬉しい展開に。

これに感動した仮面宣伝マンは、閃いた。こんな悪天候の中、自分に会いにきてくれたんだから、あれをしよう! そこで、通常のレア・プレゼントを渡し、写真撮影に応じた後におもむろに「じゃんけん大会する?」と書いたスケッチブックをみんなに提示した。これには、集まってくれた人たちも全員大喜び。それもそのはず。これに勝てば、各地で配った『仮面ティーチャー』のレア・グッズと「バイクバー・ホットチョコカフェ」のオリジナル・グッズがすべて手に入るのだ。

  

もちろん、その中のひとりがじゃんけんに勝ち、その特別な“全部セット”を手に入れわけだが、そこで不平や不満が出ないところが仮面ティーチャー』ファンの素敵なところ。当たった女子高生のグッズを携帯のカメラで撮らせてもらっている人もいて、ファン同士の交流がいつの間にか始まっていた。

その間にも外の雪はしんしんと降り積り、気温もどんどん下がっていたが、そんなファンの姿を見て、仮面宣伝マンの心はほっこりとしていた。

■2月13日(木) 17:00 高田馬場・自遊空間

この日、仮面宣伝マンは高田馬場のBIGBOX 7階にある「自遊空間」にいた。

利用したことのある人も多いだろうが、ここはダーツやビリヤード、カラオケも使い放題で、大量のコミックが読めて、食事もできるインターネットカフェ。

今回、『劇場版 仮面ティーチャー』が「自遊空間」とタイアップキャンペーンを展開させていただいたご縁で、この高田馬場店に宣伝にやってきたわけだが、仮面宣伝マンがこの店を訪れることは、登場する15分前ぐらいまで告知していなかったので、当然のことながら、いつものように待っているファンはいなかった。

けれど、下見のために16時30分ごろに店を覗くと、平日のその時間だというのに、何やら異常に盛り上がっているではないか。

結構数の多いカラオケルームは満室。宣伝を行う場所に予定していたビリヤード場でも何人かのグループか楽しそうにゲームをしているし、併設した11台のダーツもすべて使用中。早稲田大学の学生たちがこぞって利用しているからなのかもしれないが、すごい盛況ぶりで、光を落としたムーディな店内にいると、いまが夕方なのを忘れてしまいそうだ。

しかし、見渡してみると男性が多い。一見する限りでは『仮面ティーチャー』のファンらしい人は皆無だ。でも、バックヤードで控えている仮面宣伝マンはいつになくリラックスしていて、漏れ聴こえてくるカラオケの曲に合わせて軽やかにステップを踏んでいる。なんか、いいことがあったのだろうか?

そして17時。いざ出陣となったが、下見のときの絶対的アウェーの状況は変わっていない。それでも、仮面宣伝マンは、ビリヤードやダーツを楽しんでいる人たちの邪魔にならないように、根気強く映画のレア・グッズを渡して宣伝をしていく。

仮面宣伝は思う。ファンの人たちに力になってもらうのも必要だけど、映画の存在を知ってもらうことこそ宣伝の基本ではないかと。そして、こうした地道な活動こそが映画の成功に繋がると信じて、ひとりひとりと丁寧に心を通わせていった。

そんな中、お店のスタッフのご厚意で、漫画喫茶のエリアでも宣伝活動をしてもいいことに。それならばと、まずは藤沢とおる先生の原作コミックが置いてある書棚に行って記念の写真をパチリ。すると、偶然そこを通りかかった女性のお客さんに「えっ、仮面宣伝マン。なんで、ここにいるんですか?」と驚かれ、「ファンです」という彼女とも写真を1枚。こんな偶然もあるから、やっぱり宣伝は手を抜いちゃいけないのだ。

しかもこのお店では、スタッフに『仮面ティーチャー』のファンが多くて、「入口のあたりにいた方がたくさんの人に宣伝できますよ」などと親切にアドバイスをしてくれる人がいたり、追いかけてきて「一緒に写真を撮ってください」という女性スタッフがいたりして、とても勇気づけられる。

仮面宣伝マンも、熱い心を持った彼らの協力に感謝しながら、映画を絶対に大ヒットさせるゾ! と改めて強く心に誓うのだった。

つづく。

『劇場版 仮面ティーチャー』公開中→[http://kamen-movie.jp/]

こちらのレポートもどうぞ!
『劇場版 仮面ティーチャー』特集 仮面宣伝マン"追っかけ!"の旅 [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/20379 ]
あなたは大丈夫? 周りから“ドン引き”される男女の共通点まとめ [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/20661 ]
【仮面ティーチャー】ジャニーズ総勢10名が悩める高校生に送った言葉は? "高校生限定試写会"ロングレポ [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/21078 ]
【仮面ティーチャー】共演者・遠藤憲一に直撃! 藤ヶ谷太輔"男の魅力"と"思い出深い"シーン [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/21009 ]