星野源『Stranger』(ビクターエンタテインメント)

 2014年2月23日放送の『情熱大陸』(TBS)に、音楽家・俳優・文筆家の星野源が出演した。番組は、今月6日に行われた初の単独武道館公演のリハーサルや、星野の日常の一コマに密着しながら、2012年に患ったくも膜下出血からの復帰の日々を追うドキュメントとなった。

 番組冒頭では、仲の良い友人だというお笑い芸人のバナナマンが星野の魅力を語った。設楽統が「天才だよね」と言えば、日村勇紀が「最高だよね。超憧れますよ」と話す。幅広く活躍する星野には、様々なジャンルの意外な友人がいるという。4年前、朝の連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』で脚光を浴びた星野は、舞台、ドラマ、コンサートなどを着実に行い、アーティストとしての足場を固めていった。だが、旬を迎えつつあった矢先、くも膜下出血に襲われ、緊急手術。一旦は復帰したものの、半年後に再手術を余儀なくされる。病室での写真も公開され、これまで窺い知ることのできなかった星野の闘病生活の様子が、生々しく映し出された。

 「集中治療室で、『動いちゃだめです』って言われて。天井だけ見つめてじっとしてると、自意識で爆発しそうになるんですよ。自分がどうなっちゃうんだとか、今までこうしてたからこれがいけなかったのかなとか。(中略)自分のことばっかり考えすぎちゃうのって、辛いんだなって」と、いつも通り、淡々とした口調で、病気が発症した頃のことを振り返る星野。点滴を受けた状態で、パジャマ姿の星野がベッドに横たわる映像、そして開頭手術の縫い目が残る頭の写真が、その闘病生活がいかに険しいものだったかを物語る。倒れるまでは、過密なスケジュールが当たり前だと思っていたという星野。今は、「体を休めなきゃいけない感じがやっとわかった」という。辛いこともたくさんあったが、面白いこともたくさんあったと闘病生活を振り返り、「辛いことの中には、意外と面白いのが混じっている。そっちのが個人的には魅力的」と、自らの価値観を語った。

 病気を乗り越えた星野の復帰公演となったのは、日本武道館。実は五線譜が読めず、コード譜しか書けないという星野は、リハーサルでも音のイメージを楽器隊に言葉で伝えていく。そんな音楽活動と平行して、昨年は俳優として多くの作品に出演、新人賞を総ナメにした。星野が所属する劇団・大人計画の主宰、松尾スズキは、星野の魅力を「的確な芝居ができる俳優に育ったなあと思います。(中略)懐に入ってくるような感じがいいんじゃないかなあ」と語った。

 そして、星野は文筆家としての顔も持つ。「ざわついてた方が集中できます。家だとできないから、いつも喫茶店とかで書いてます」と話し、作品作りの原動力として「本当はアウトプットしないで生きていけたらいいと思うんですけど。どうしてもそうしないと生きていけない感じがあって。面白いものを作るぞっていう人たちが集結して、頑張って作ったものを見ると、物凄く元気が出るんです。自分もそういうものを作っていきたいなと思うし、そういう風に思ってもらえたらいいなあと」と語った。

 少年時代、いじめにあっていたという星野。それが原因でパニック障害を発症した星野は、精神安定剤を服用するような日々が続いたという。高校生になってもその症状は治らず、学校に行けなくなり、家も出れなくなった。そして、いわゆる不安神経症を患う。ひどく追いつめられた高校時代、星野はクレイジーキャッツの『だまって俺についてこい』という一曲に出会う。“そのうちなんとかなるだろう”という歌詞に救われたという星野は「当時の自分は完全に絶望していて、俺はこれから完全に狂ってしまうんだと思ってたときに、『そのうちなんとかなるだろう』ってあの声で歌われたときに、これを信じるしかないというか。(中略)自分にとっては、物凄い命綱みたいなもんだった」と語る。その時の思いがあって、自分もそういうことを思ってもらえたらいいなと思うと話す星野。いつもの朗らかな表情ではなく、窓の外を見ながら、ぽつぽつと思いを吐露する、真剣な眼差しが印象的だった。

 自らの病気をギャグにした、看護婦姿の女性に連れられて登場するオープニングを幕開けに、1万2000人の観客が待ちわびた武道館公演は大成功を収めた。そんな星野の公演後の第一声は「あ〜、疲れた〜」。思いの外感慨深くないと話し、スタッフを驚かせる。そしてナレーターが「感動は?」と訊くと、「ないっす」と即答し、大笑いする星野の姿で番組は幕を閉じた。

 星野の飾らない素顔と、飄々としたなかに見せるシリアスな表情が印象的だった今回の『情熱大陸』。本格的な復帰を果たした星野源のこれからの活躍を前に、彼に新たに惹き付けられる視聴者も多かったのではないだろうか。(椎名ゆい)