写真提供:マイナビニュース

写真拡大

人気特撮作品『仮面ライダー』シリーズより、66mmのデフォルメサイズで豊富な可動性能を取り入れた食玩『66アクション仮面ライダー』(バンダイ/380円)が、2月25日より全国で発売される。

『66アクション仮面ライダー』は、特徴的なデフォルメと可動を両立したバンダイのキャンディ事業部による食玩の新シリーズとなる。全高約66mmのサイズながら、各部のディテールを忠実に再現しており、各ライダーの顔の複眼はクリアパーツを使用。さらに全身約14箇所の可動を実現し、劇中ポーズをリアルに再現することができる。ラインナップは、「仮面ライダー鎧武 オレンジアームズ」「仮面ライダーオーズ タトバ コンボ」「仮面ライダーディケイド」「仮面ライダー新1号」の全4種。すでに2014年4月に第2弾の発売も決定している。第2弾のラインナップは「仮面ライダーW」「仮面ライダー残月」「仮面ライダー電王」「仮面ライダーカブト」の全4種とシークレットが1種。

また、動性能に優れた本商品の特性を生かして、作品投稿コンテスト「66アクション66コンテスト」の受付も25日よりスタート。この企画は、新感覚オモチャ情報誌『ハイパーホビー』(徳間書店刊)とタイアップしたもので、本商品を使って撮影された「かっこいい」「おもしろい」写真や動画をtwitterおよび郵送にて受け付けている。作品の審査には『仮面ライダー鎧武/ガイム』の主人公・葛葉紘汰/仮面ライダー鎧武を演じる佐野岳を迎えて行われ、優勝作品が5月1日に公式サイトと『ハイパーホビー』誌面にて発表。優秀作品の投稿者66名には特別な景品もプレゼントされるという。詳細は特設サイトまで。

(C)石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映(C)石森プロ・東映