『チョコレートドーナツ』©2012 FAMLEEFILM, LLC

写真拡大

1970年代アメリカの実話をモチーフに生まれた映画『チョコレートドーナツ』が、4月から東京・シネスイッチ銀座ほか全国で順次公開される。

【もっと写真を見る】

同作は、シンガーを夢見ながらショーダンサーで日銭を稼ぐルディと、ゲイであることを隠している弁護士・ポールのカップルが、母の愛情を受けずに育ったダウン症の少年・マルコと共に幸せな家庭を築くために差別と偏見に立ち向かう物語。ゲイカップルという理由から好奇の目にさらされ、マルコを奪われてしまうなど、見返りを求めることなく愛する人を守る彼らに試練が襲い掛かる。

監督は『17歳のカルテ』の出演など、俳優としても知られるトラヴィス・ファイン。出演者には、ルディ役のアラン・カミング、『LOOPER/ルーパー』のギャレット・ディラハントが名を連ねている。なお、アラン・カミングが劇中で自由を求めてボブ・ディランの“I shall be released”を歌うシーンも収められている。