とろ〜り3種のチーズ牛丼

写真拡大

ゼンショーが展開する各種のフードサービスチェーンに一つ、牛丼チェーン「すき家」では、人気商品「3種のチーズ牛丼」をさらにブラッシュアップした「とろ〜り3種のチーズ牛丼」を2014年2月26日から全国の店舗で発売する。また、同店のルーツであるすき焼きメニューに回帰、吉野家の「牛すき鍋膳」などに対抗して「牛すき鍋定食」など3メニューの販売を始めた。

チーズソースがまろやか

人気商品「3種のチーズ牛丼」に強化して「とろ〜りとろける」チーズソースを加えた。甘辛く煮た牛肉ととろけたチーズソースがよく絡み、一口食べればチーズのまろやかさが口に広がるという。パセリをトッピングして見た目も鮮やかに仕上げた。

並430円(税込み、以下同)。ミニは50円引き。中盛、大盛、特盛は量が増えるごとに100円アップし、メガ盛は760円。

すき焼きメニュー、牛すき鍋定食など発売中

一方、「牛すき鍋定食」は2月14日に販売スタート。創業初期からのルーツであるすき焼きメニューが、「牛すき鍋定食」(580円)として復活した。ほかに人気の3種のチーズをカレー鍋にトッピングした「とろ〜りチーズカレー鍋定食」(650円)、おろしポン酢につけて牛ちり鍋がさっぱりと食べられる「野菜たっぷり牛ちり鍋定食」(650円)もラインアップ。いずれもコンロに火をつけたまま提供するため、最後まであつあつのまま楽しめる。

牛すき鍋定食は、ごはんに合う甘めのこってりとしたタレが特徴の牛すき鍋と、たまご、ごはん、つぼ漬けのセット。同時に、ラインアップに並べた。

単品はセット価格から100円引き。ごはん大盛は無料、特盛60増、ミニは30円引き。