<WGC-アクセンチュア・マッチプレー選手権 最終日◇23日◇ザ・ゴルフクラブ at ダブマウンテン>
 「WGC-アクセンチュア・マッチプレー選手権」の最終日。この日は準決勝と決勝戦が続けて行われ、ジェイソン・デイ(オーストラリア)がビクター・デュビッソン(フランス)をくだして頂点に立った。同時に行われた3位決定戦はリッキー・ファウラー(米国)がアーニー・エルス(南アフリカ)をくだしている。
松山英樹、7試合で早くも来季シード当確!
 デイは準決勝でファウラーと対戦し3&2で勝利をおさめると、迎えた決勝戦でも序盤から優勢に試合を展開。終盤はデュビッソンに粘られてエクストラホールにもつれ込んだものの、23ホール目でバーディを奪って決着。初のビッグタイトルを手にした。
 ファウラーとエルスの3位決定戦は19ホールまでもつれ込む大激戦。正規の18ホールは若手とベテランが一進一退の攻防を繰り広げたものの、19ホール目でファウラーがバーディを奪って決着をつけた。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【ジャパンゴルフフェアまとめ】プロからコンパニオンまで完全網羅!