豪ドルの価格を先読み!
為替、とりわけ豪ドルの変動要因として、日経平均やダウの他に何が挙げられるのか知りたいと考えている人もいるのではないでしょうか。教えて!gooにはこんな質問が寄せられました。

豪ドルレートの変動要因について

相談者は豪ドルでトレードをしています。そこで豪ドルの変動要因として、日経平均やダウの他に何が挙げられるのか質問しています。

■原油先物の価格に注目しよう

「私は、英ポンドと豪ドルそれぞれのドルストレートを扱うにあたって、『原油先物価格との連動性』に注意を払っています」(shigeru18さん)

英ポンドドルや豪ドルといったメジャー通貨ペアを見る上で、原油先物価格を見ることが大切という意見です。

資源国であり、リスク通貨の国であるオーストラリアにとって、原油先物の価格はとても重要なものと言えそうです。世界の通貨のリスクオンとリスクオフはこれを中心に決まってくると言っても過言ではなさそうな原油先物、この価格を見ることで豪ドルの先行きが分かるのかもしれません。

■中国の指標結果にも注目しよう

一方、turbo-umiushiさんは「中国のGDP発表後、商品関連や株関連の数値が全て動いたことを考えれば、『全ての道は、中国に通じる』ではないでしょうか?」と回答しています。

中国元と豪ドルの動きは連動しているという意見です。地学的リスクから考えても、中国の指標結果によって、豪ドルの値動きが左右されるということに着目するのは、とても大切なことなのかもしれません。

■やっぱり大切なのは金利差

他には、「変動要因ですが、これは金利差が一番インパクトが強いと思いますが、この他に、両国の景気動向や通貨供給量などの影響が強いのは言うまでもありません」(dai1000さん)という回答もあります。

豪ドルといえば、何と言ってもその高い金利が故の高いスワップと考える人は多いと言えそうです。他の通貨に比べて、下がったところを買うという戦略が通用する数少ない通貨なのかもしれません。

スワップから人気の高い豪ドル、さまざまな指標や価格に注意して、トレードをしていくことが大切といえそうです。

1000本ノッカーズ (1000 knockers)