大野いと「大学の授業楽しみ」、“友達”と“学生生活”語る。

写真拡大

作家・万城目学原作の映画「偉大なる、しゅららぼん」が3月8日に公開されることに合わせ、この春高校を卒業するモデルで女優の大野いと(18歳)が、中学3年生と高校3年生を集めた「卒業の思い出を作ろう」試写会に登壇。“人生の先生”としてお笑いタレント・椿鬼奴(41歳)と共に学生時代を振り返り、若者たちにアドバイスを贈った。

大野「学生生活の思い出は、文化祭で調理部としてパンプキンプリンを作ったこと。すごく楽しかったですね。あと、中学の時に仲良くなれていないまだ壁がある友達がいて、『学校に行きたくないなぁ』なんて思っていた時期があったんですが結果的に行事をきっかけに仲良くなれましたこともありました。4月から大学生になるので色々とやりたいことはあるんですが、まずは友達を作ってテスト範囲や勉強を教えてもらいたいです。授業も今から楽しみですね。今日映画を観た感想を友達やお母さんにも是非勧めて欲しいです」。

椿鬼奴「4月に42歳になるんですが、今年こそ結婚しようと…(笑)。秋には結婚して、大島さんと同じく妊活していこうと思ってます。占い師にここ2年が勝負と言われていて、もう1年終わってしまったので、残りの1年頑張ります!今日集まっているのは中学3年生と高校3年生の皆さんですが、学生のうちに色々経験しておくとの大人になった時のエピソードトークで大変重宝しますよ。もし、異性に振られても、就活など何かあった時に面白いエピソードがあれば役に立ちますから頑張ってください」。