何もしてない有野課長が主演、映画版「ゲームセンターCX」。

写真拡大

放送開始から10年、DVDシリーズの累計販売数が50万セットを超えたゲームバラエティ番組「ゲームセンターCX」。その映画化となる「ゲームセンターCX THE MOVIE 1986 マイティボンジャック」が2月22日に初日を迎え、有野課長(よゐこ)らが東京・新宿バルト9での初日舞台挨拶に登壇した。

有野課長は「映画を観るまで自分が出ているのかすらわからなかった。撮影にほとんど参加していないし、何もしていない。『主演と言われてもなぁ』という感じ」と頭をポリポリ。それでも「6年後の東京五輪までに体を作って、競技種目に『マイティボンジャック』があれば挑戦したい。ロシアとか世界の代表とやりあって『課長が出てきたぞ〜!』と恐れられたい」と“有野課長”としてのさらなる挑戦を誓った。

タイトル:『ゲームセンターCX THE MOVIE 1986マイティボンジャック』 
コピーライト表記:© 2014ハピネット/ガスコイン・カンパニー
公開表記:新宿バルト9、ヒューマントラストシネマ渋谷ほかにて全国公開中
配給:シンカ、ハピネット