高配当銘柄への投資が、最近、ネット証券のレポートでよく見られる。3月末は、多くの企業の配当権利取りの時期でもあり、高配当銘柄に注目が集まりやすい。その魅力はどこにあるのか、どんな銘柄を選ぶべきか、各社のレポートをななめ読みしてみた。この記事を読んで、実際のレポートを読んでみたくなった方、具体的な銘柄を知りたい方は、出所をこの記事の最後にまとめたので参照してほしい。

なぜ、今高配当銘柄が注目されるのか

 今、高配当銘柄が注目されるのには理由がある。各社レポートから4つの理由をピックアップした。

<その1> 利回りが有利

 「長期金利(新発10年国債利回り)が0.6%程度しかない中で、日本株の配当利回りは、東証一部(平均)で約1.9%(中略)3〜4%に達している銘柄もあります」。(楽天証券「窪田真之の3分でわかる!今日の投資戦略」より)。

<その2> NISA投資で有利

 今年から始まったNISA(少額投資非課税制度)でも高配当株は有利だ。

 「配当金にかかる税金(14年1月以降は20.315%)が免除されることになるが、配当利回りが高い銘柄のほうが恩恵が大きいのは言うまでもないだろう」(SBI証券「今こそ、配当利回りの高い銘柄に注目すべし!そのワケとは?」)

<その3> 日本企業が配当に前向き

 日本企業が配当に前向きである点も指摘されている。

 「東証1部上場企業の2013年度の配当総額は前年度比10.9%増の7.6兆円近くに達し、2007年度を上回って過去最高を更新すると見込まれる」(三菱UFJモルガン・スタンレー証券、芳賀沼千里氏他「久しぶりに高配当利回り銘柄に注目したい」。カブドットコム証券で読めるレポート)。

<その4> 相場の下落時でも底堅い

 今年に入って株価は軟調だが、そんな時こそ高配当株のメリットが出るようだ。

 「配当利回りの高い銘柄はディフェンシブ株が相対的に多く、市場全体が調整する局面で高い超過リターンを上げる傾向がある」(前出、芳賀沼氏)。

 たとえば、NISA口座を利用して、長期的に投資する場合には、高配当銘柄はうってつけ。株の買い方については、前出の窪田氏は「一度にたくさん買わずに、少しずつ時間分散しながら買っていくべきです。なぜならば、日経平均がもう一回、1万4000円近くまで下がることもあり得ると思うからです」とアドバイスしている。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)