1300度の合金鉄浴び、社員が死亡

ざっくり言うと

  • 22日午前5時頃、徳島県の工場で社員男性が液状の合金鉄を浴びた
  • 合金鉄の温度は約1300度あり、男性は全身にやけどを負って間もなく死亡
  • 容器から鋳型に合金鉄を流し込む作業中の出来事だったという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

ランキング