2014年クレジットカード業界大予測! 「高還元率競争」は還元率1.5〜2%前後で激化! 「高還元+質(サービス)」も求められる時代に!

 2014年のクレジットカード業界の動向を予測して、それを踏まえたクレジットカードの選び方について考える「2014年のクレジットカード業界の動向から考えるおすすめカード選び」。

 第1回では「(1)カード決済サービス『SQUARE』上陸でカードの利用シーンが拡大」について解説したが、第2回は2つ目のポイント「(2)クレジットカードの『還元率競争』が新しい局面へ」について、引き続き、生活消費ジャーナリストの岩田昭男さんに解説してもらおう。

ポイント(2)
消費税増税の影響で注目が集まる高還元率競争は
1.5〜2%を上限にますます激化か

 ここ数年、クレジットカード業界で大きな流れとなっているのが「高還元率競争」だ。

「クレジットカードの還元率上昇傾向はカード業界の流れとして続いています。特に昨年の『リクルートカードプラス』の還元率2%もインパクトは大きかったですね」(岩田さん)

 2013年5月末に業界最高の還元率2%を誇る「リクルートカードプラス」、年会費無料で還元率1.2%の「リクルートカード」が登場して、大きな話題になったのは記憶に新しい。

■リクルートカード
還元率 1.2%
発行元 三菱UFJニコス、JCB
国際ブランド VISA、JCB
年会費 無料
家族カード あり(年会費無料)
ポイント付与対象の
電子マネー
モバイルSuica、ICOCA、nanaco(nanacoはJCBのみ)
■リクルートカードプラス
還元率 2.0%
発行元 JCB
国際ブランド JCB
年会費(税抜) 2000円
家族カード あり(年1000円、税抜)
ポイント付与対象の
電子マネー
モバイルSuica、nanaco
 そして、新たに「高還元率」の魅力的なクレジットカードが登場した。

「2013年秋にリニューアルした『シティカード』も、『シティ エリートカード』『シティ ゴールドカード』『シティ プラチナカード』のすべての券種で還元率が大幅にアップし、高還元率のクレジットカードに生まれ変わりました」

「シティカード」は「リクルートカードプラス」と比較しても見劣りしない、最高2%を超える還元率を実現したのだ。

「シティカード」の各券種の還元率は、年間利用額とポイントの交換先によって異なるが、還元率がもっとも高くなる「次年度年会費への充当」では還元率は最高2.1%、ギフト券への交換でも最大1.71〜1.99%と、業界最高レベルに達している。年間利用額によってボーナスポイントが付与されるので、メインカードとして利用すればするほど、還元率が高まる仕組みだ。

シティ エリートカード シティ ゴールドカード シティ プラチナカード
カード券面
年会費(税抜) 3000円
(初年度年会費1500円)
1万2000円
(初年度年会費6000円)
3万5000円
(初年度年会費1万7500円)
還元率 0.76〜1.05% 1.2〜1.575% 1.6〜2.1%







年間利用額
50万円以上
2500ポイント
(1000〜2625円相当)
2500ポイント
(1000〜2625円相当)
2500ポイント
(1000〜2625円相当)
年間利用額
100万円以上
6000ポイント
(2400〜3150円相当)
6000ポイント
(2400〜3150円相当)
年間利用額
150万円以上
1万ポイント
(4000〜5250円相当)

 上記のようにボーナスポイントが付与されるので、年会費3000円(税抜)の「シティ エリートカード(一般カード)」は還元率0.76〜1.05%、年会費1万2000円(税抜)の「シティ ゴールドカード」は還元率1.15〜1.575%、年会費3万5000円(税抜)の「シティ プラチナカード」は還元率1.53〜2.1%という高還元率が実現する。しかも、いずれも貯まったポイントを年会費に充当することができるので、年会費「実質」無料で利用することも可能だ。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)