消費税アップ前に買っていいもの、 買ってはいけないもの

写真拡大

4月1日から消費税が8%にアップする。ついつい「今のうちに何か買っておかないと」と焦りがちだが、その結果、ムダな買い物をしていないだろうか。実は食品や洗剤、家電や住宅でも駆け込み買いが必要なものはほとんどない。4月以降に値段が下がったり、税制が変わったりするからだ。あえて駆け込み買いをするなら、明らかに4月から高くなるもの。つまり、3月中に買えば、明らかにトクするものを慎重に選ぶべきだ。

東京ディズニーランドのチケットは
駆け込みOKでユニバーサルスタジオはNG

 駆け込み買いしてトクするものとは、事前に代金を支払えば継続してサービスが受けられるものだ。その中でも、14年4月以降の利用でも3月末までに支払えば旧税率が適用される経過措置の対象品は要注目だ。

 その代表格は定期券。通勤・通学に使うなら3月中に6カ月分など長期の定期券を購入するのが鉄則だ。有効期限内に使い切れるなら回数券も買っておくべきだ。

 レジャー施設のチケットも3月中に購入するとトクすることが多い。

 例えば東京ディズニーランドは4月から1デーパスポートを200円、年間パスポートを1000円値上げする。年間10回以上行くヘビーユーザーなら年間パスポートを駆け込み買いして損はない。ただし、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンの年間パスポートのように値下げをするところもあるので、駆け込み買いの前にチェックが必要だ。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)