増税後の購買意識や行動は、8割以上が「本当に必要なものかをより吟味する」−「しゅふJOB総合研究所調べ

写真拡大

主婦に特化した人材サービス『しゅふJOB』の調査機関しゅふJOB総研は、働く意欲のある主婦層を中心とした480名を対象に「消費税増税によってどのような影響があるか」についてのアンケートを実施。調査期間は2014年1月7日(火)〜2014年1月20日(月)。

消費税率が上がると、生活に影響があるかについて尋ねたところ、90.8%が「ある」と回答した。具体的な影響については、「家計のやりくりが大変になりそう」(79.6%)、「全体的に出費を減らすことになりそう」(67.7%)、「収入を増やさないとやっていけなくなりそう」(50.5%)がそれぞれ過半数を超え、上位3位となった。また、消費税率が上がる前に購入を検討したい(すでに購入した)商品においては、「家電」(43.8%)が1位に。

消費税増税後の購買意識や行動については、71.9%が「変わる」と回答。具体的な変化については、「本当に必要なものかをより吟味する」(87.8%)、「より安く購入するために念入りに比較する」(70.4%)、「なるべく購入を我慢するようになる」(60.0%)が上位を占めた。