震災被災者があびた心ない言葉

ざっくり言うと

  • 「補償金、いくらもらったの」と、心ない言葉を浴びせられる震災被災者
  • 故郷の喪失や震災関連死の認定など、解決されない問題は多い
  • 福島市在住の詩人は「時だけが流れて、あきらめさせられている」と語った

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング