『背の高い男は幸せ?』(「国内未公開長編アニメーションショーケース」より)© Partizan

写真拡大

CALFによる新たな国際アニメーションフェスティバル『GEORAMA』のプレイベント『GEORAMA2014』が、4月12日から2週間にわたり東京・吉祥寺のバウスシアターで開催される。

【もっと写真を見る】

国際的に活躍する短編映画作家の作品を国内外で紹介することを目的として、2010年に若手アニメーション作家と若手評論家によって設立された映像レーベル・CALF。同レーベルが2015年秋からスタートするアニメーションフェスティバル『GEORAMA』では、短編・長編作品のコンペティション上映のほか、様々なイベントが企画されるという。

5月末に閉館するバウスシアターを舞台に開催されるプレイベント『GEORAMA2014』のメインプログラムは「国内未公開長編アニメーションショーケース」。言語学者ノーム・チョムスキーの理論をミシェル・ゴンドリー監督がドローイングアニメーションを交えて描いたドキュメンタリー『背の高い男は幸せ?』や、音楽をFLYING LOTUSが担当し、プロデューサー陣にJay-Zが名を連ねるテレンス・ナンス監督『あまりにも単純化しすぎた彼女の美』、クリス・サリバン監督が15年以上の歳月をかけて完成させた『コンシューミング・スピリッツ』など7作品を紹介する。

また、暗闇の空間に音だけを「上映」する実験的プログラム「暗闇のアニメーション」、短編アニメーションイベント『変態アニメーションナイト』がカナダ制作の前衛的な3D作品とコラボレーションする『特別オールナイト<変態&3D>』といった企画も行われる。

さらに、最終日にはクロージングイベントとして、映像作家ひらのりょうの最新作『パラダイス』の完成記念パーティーが行われる。同イベントでは、ひらのの過去作品の上映に加えて、ミュージシャンによるライブ、ゲストを迎えたトークなど開催される予定。なお、『GEORAMA』のマスコットキャラクター「ギャラクシー・ボーイ」のデザインは、スパイク・ジョーンズ監督最新作『her / 世界でひとつの彼女』のアニメーションパートを担当したデイヴィッド・オライリーが手掛けている。