「バーグマン200」(ブリリアントホワイト)

写真拡大

スズキは2014年2月28日、軽量・コンパクトで扱いやすい新型スクーター「バーグマン200」を発売する。メーカー希望小売価格は50万9250円。

200ccの水冷エンジンを搭載

力強い加速と滑らかな走行を実現する、最高出力14キロワットの200cc水冷4サイクル単気筒エンジンを搭載。大型スクーター「スカイウェイブ(輸出名バーグマン)」シリーズに共通する独立2灯型ヘッドライトとテールランプを採用し、上品でスポーティーなデザインが施されている。

走行データから算出した燃費状況を表示する平均燃費計などを持つ多機能メーターや、フルフェイス・ヘルメットが2個入る容量41リットルのシート下収納、12ボルトのアクセサリーソケットを備えたフロントボックスを装備するほか、左右の足元付近を絞り込んだ形状のカット・フロアボードと、735ミリの低いシート高により優れた足つき性を実現するなど、さまざまな用途での使い勝手を高め、快適性と機能性を追求した。

車体色は、白「ブリリアントホワイト」、銀「クールシルバー」、グレー「マットフィブロイングレーメタリック」、黒「マットブラックメタリックNo.2」の4色。