製作費2.5億ドル「X-MEN」新作、究極のオールスターチームが集結。

写真拡大

最強のX-MENの壮絶な戦いをシリーズ史上最大規模で描く超大作「X-MEN:フューチャー&パスト」。その日本公開日が、5月30日(金)に決定した。それに伴い、シリーズ屈指の人気キャラクター、プロフェッサーXの未来と過去のビジュアルを採用したポスターが初公開された。

すべてが桁外れの本プロジェクト。これまでの作品「X-メン」「X-MEN2」「X-MEN:ファイナル ディシジョン」「ウルヴァリン:X-MEN ZERO」「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」「ウルヴァリン:SAMURAI」のシリーズすべてが全米オープニング成績No.1を記録し、全世界の累計興行収入は2,300億円を超えた。最新作では「アバター」「アベンジャーズ」を超える、20世紀FOX史上最大級となる約2億5000万ドルとも言われる規格外の製作費を投入し、誰も見たことない超絶シーンが、かつてない壮大なスケールで描かれる。その期待度を示すように、映像が全米で初解禁されるや否や、1週間のYouTube再生回数は1,890万回以上を記録。米映画サイト「ハリウッド・リポーター」が選ぶ、「2013年最も話題になった予告」に選出されるほどだ。

また、この超大作のためにオールスターキャストが再集結。新顔も加わり、前代未聞の超豪華キャスティングが実現した。ヒュー・ジャックマンをはじめ、パトリック・スチュワート、イアン・マッケラン、ハル・ベリー、アンナ・パキン、ショーン・アシュモア、エレン・ペイジ、ダニエル・クドモアが出演。さらにジェームズ・マカヴォイ、マイケル・ファスベンダー、ジェニファー・ローレンス、ニコラス・ホルト、そして新たにエヴァン・ピータース、ファン・ビンビンらも加わり、9人ものアカデミー賞&ゴールデングローブ賞に絡む実力派俳優で、観る者の心を揺さぶるドラマを作り出していく。

この超話題作を監督するために、初代「X-MEN」の監督であるブライアン・シンガーが自らメガホンを取り、脚本には「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」の監督であるマシュー・ヴォーンも名を連ね、まさにシリーズの集大成としての企画が進行中だ。

そして、「アベンジャーズ」を超える最大のオールスターチームが挑むのは、自由自在に姿を変え、X-MENの居場所を感知する特殊能力を持つバイオ・メカニカルロボ“センチネル”。「ターミネーター2」のT-1000、「トランスフォーマー」のメガトロンをも超える史上最大・最強の敵との最終決戦が最新VFXで描かれる。

映画「X-MEN:フューチャー&パスト」は5月30日(金)、TOHOシネマズ スカラ座ほか全国ロードショー。