写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ウォルト・ディズニー・カンパニーの90年間を振り返る企画展『ディズニー 夢と魔法の90年展 ミッキーマウスからピクサーまで』が、3月19日より約1年半をかけて全国各地で開催されることが19日、明らかになった。

同イベントは、ウォルト・ディズニーとウォルト・ディズニー・カンパニーに関する史料を収集・保存する「ウォルト・ディズニー・アーカイブス」監修のもと、約800点の門外不出の展示物が一堂に集結する企画展で、一般向けには今回が初公開となる。

会場では、ミッキーマウス誕生から『モンスターズ・インク』といった最新ピクサー映画公開までの90年間に創り出されたアートや小道具類、コスチューム、模型のほか、セル画やフィギュアなどが展示される。

また、ウォルト・ディズニー映画の製作舞台裏を初めて描いた映画『ウォルト・ディズニーの約束』(3月21日公開)内で、トム・ハンクスや エマ・トンプソンをはじめとする出演俳優たちが着用した衣装なども日本初公開される。さらに、展示作品に関連したTシャツ、絵皿、トートバッグなどの会場限定オリジナルグッズ、会場先行発売の最新ディズニーグッズなどの販売も予定している。

開催スケジュールは、3月19日〜4月7日は東京・松屋銀座本店にて、4月23日〜5月12日は大阪・阪急うめだ本店にて、8月6日〜8月17日は福岡・三越にて開催されるほか、約1年半をかけて全国を巡回していく。なお、同イベントの展示物は、2013年にファンへの感謝を込め開催された有料のディズニーファンイベント D23 EXPO JAPANでは展示されている。