18日、ソチ冬季五輪ショートトラック女子3000メートルリレー決勝が行われ、韓国が優勝した。今大会、韓国勢は不調が続いていただけに、崔光福コーチもほっと一息と思いきや、騒動を起こしてしまった。

写真拡大

2014年2月18日、ソチ冬季五輪ショートトラック女子3000メートルリレー決勝が行われ、韓国が優勝した。今大会、韓国勢は不調が続いていただけに、崔光福コーチもほっと一息と思いきや、騒動を起こしてしまった。

【その他の写真】

崔コーチといえば、2010年のバンクーバー五輪で、韓国チームの練習場に中国チームの関係者がいることに抗議し、ペットボトルを投げつけたことでおなじみだ。

捜狐体育によると、ショートトラック女子3000メートルリレー決勝でアンカーを務めたシム・ソクヒ(17)がラスト半周で中国をかわして1位でゴール。シム・ソクヒは歓喜のあまり崔コーチのもとに駆け寄って抱き合ったが、その際、崔コーチの手が「不適切な位置」に置かれていたことが映し出された。

この画像が韓国のネット上で話題となり、「わざとじゃない?」「悪い手だ」「これは言い訳できないだろ」といったコメントが殺到した。(翻訳・編集/NY)