SNSへの投稿が急に減ったら……「恋人が出来た」証拠!?

写真拡大

Facebook友達に気になる人がいると、ついつい相手の投稿を追ってしまったり、用もないのにページを訪問しちゃったりって事ありませんか? 自分からなかなかアクションを起こせない場合、相手の投稿に”いいね!”やコメントを付けたりして、距離を縮めるのは悪くないと思います。

だけど、その相手がある時ふとログインしなくなってしまったら……交流を深めるどころか、もしかしたら恋人が出来てしまったのかもしれません。

Facebookの投稿から様々な統計データを調べている『Facebook Data Science』の発表した「The Formation of Love」によると、なんと交際前より交際後のポスト数の方が減るという傾向がみられたのだそうです。

 

■Facebookユーザーは交際がスタートすると、投稿が一気に減少する事が判明!

同調査はプロフィールが「独身」から「交際中」に変ったユーザーの前後100日間の傾向を分析したもの。

Facebookでのメッセージ交換や、お互いのプロフィールの訪問、タイムラインへの投稿数などを、交際前後100日間の傾向を見てみると、交際前はゆるやかに増えてゆき、交際後は一気に減っています。

カップルになる直前がピークで、1日平均1.67ポスト、その後どんどん減ってゆき、もっとも少なくなるのは交際後85日で1.53ポストでした。

Facebook Data Scienceのメンバーは「カップル成立前はSNSで交流を図り、成立後は現実でのやり取りが増えるからだろう」と考えているようです。

 

■付き合い始めると、内容はポジティブなものが増える!

また、もうひとつ興味深い結果として、交際が始まると、投稿数は減ったものの、内容はとてもポジティブなものになるのだそう(ラブ、ナイス、ハッピーなど)。気持ちの盛り上がりが見事に現れていて、面白いですね。

日本のユーザーだと”既婚”か”独身”の交際ステータスはよく見かけますが”交際中”はあまり見ないですよね。気になるあの人に既に恋人がいるのかどうか、新たに恋人が出来たかどうが、よ〜く観察してると分かっちゃうかもしれません。あんまり分かりたくないかもしれませんが……。