【仮面ティーチャー】共演者・遠藤憲一に直撃! 藤ヶ谷太輔″男の魅力″と″思い出深い″シーン

写真拡大

 『ストロベリーナイト』や『土竜の唄』など、強い目力と独特の存在感で数々の作品をこなす俳優、遠藤憲一。彼が今回、2月22日公開の映画『劇場版 仮面ティーチャー』で演じたのは主演の荒木剛太(藤ヶ谷太輔)の元・恩師、であり、最強の敵となる、羅門公平役だ。クライマックスには藤ヶ谷太輔と"心"と"心"でぶつかり合う名演を見せる遠藤憲一に、映画の制作秘話と裏話について話を聞いた。

「ウレぴあ総研」でこの記事の完全版を見る【動画・画像付き】

■藤ヶ谷くんが思いっきりぶつかってきたので
俺も彼を感じながら全身でぶつかりましたよ

  ――『劇場版「 仮面ティーチャー」』に、荒木剛太のかつての恩師・羅門公平の役で出演のオファーがあったときはまずどう思われましたか?

「台本を読んだときに、僕のセリフのところに“そんなことしましぇぇぇぇぇぇぇぇん!”って“ぇ”がワ〜って書いてあったので、きっとテンションの高い役なんだろうなと思って(笑)。

だから、アドリブで黒板にいきなり“その通り”って書いてみたり、台本に“読めない字”って書いてあったから、“羅門”の文字を重ねてぐちゃぐちゃに書いてみたりしましたね(笑)」

――羅門を演じる上で心がけたことは?

「いま言ったようにテンションの高い役なんだけど、ちゃんと人間として演じなければいけなかったからそこのサジ加減がすごく難しかった。

やり過ぎて人間離れしちゃうと、観ている人も引いちゃうと思うし。特に羅門がちょっとおかしくなっている状態のときに、それでもちゃんとあり得そうな人間として演じるのは大変でしたね」

――羅門はかつて剛太に「信じることの大切さ」を教えながら、その後、自らの理想と信念を打ち砕かれ、生徒たちを「指導」という名の暴力で制圧するようになった人物です。その複雑な内面はどのように受け止められました?

「羅門の気持ちもちょっと分かりますよね。彼はただ生徒を殴っていたわけではないのに、その愛のある拳が誤解され、クレームの時代に入ったために“体罰、体罰”って非難されてしまった。俺も中学のときに、先生に叩かれたことで自分が悪いことをしたなって気づいたことがあるけど、そのときのことをちょっと思い出したかな。俺は間違いをちゃんと指摘されて、その上で叩かれたから恨みにも思わなかったし、親にも言いつけなかった。それが問題になったこともなかったですよね。

でも、その行為を誤解されて、違う!って捉えられると教える方々も大変だなってすごく思いました。羅門はそんな状況の中で、逆に愛情のない暴力で訴えるようになってしまった。悩み過ぎで、ちょっとおかしくなってしまった奴なんでしょうね」

――遠藤さんにも、いま言われたように、かつての羅門のような心でぶつかってきてくれる先生がいたんですね。

「中一のときの体育の先生ですね。イジメじゃないんだけど、ひとりの男の子をみんなで面白がって、いじくったことがあったんですよ。そしたらホームルームのときにその先生から“関わった奴は全員立て”って言われて。それで6、7人並ばされてパンパンパンって叩かれたんですけど、そこでちょっと気づいたというか、それからはそういうことはしなくなりましたよね」


――劇場版はそんな羅門と彼のかつての教え子・剛太が考え方やスタンスを逆転させて激突するところが大きなポイントですが、遠藤さんはそんなふたりがガチで戦うクライマックスのシーンから撮影に入られたみたいですね。

「そうなんです。いちばん最初がハートをぶつけ合うあの極限のバトル・シーンからだったんですよね。むちゃくちゃ暑かったから、汗だくになりましたよ(笑)。でも、いま思うと、いっぱい雑談をして、藤ヶ谷くんってこういう人なんだって分かる前にあのシーンに入ったから、逆にピリッと締まったものになってよかったなと思いますね」

――藤ヶ谷さんには現場で何か伝えましたか?

「あまり言ってないですね。ただ、“芝居は自分ひとりでやるものじゃないし、相手の出してきたものを拾って返していくものだから、自分が感じたものを思い切って出してきな”っていうことは言ったと思います。

相手が遠慮しているなって感じたときは特にそういうことを言うんですけど、藤ヶ谷くんは最初からそこは分かっていて、思いっきりぶつけてきたので、気持ちの交流ができたと思います」

――実際に芝居をしてみていかがでしたか?

「熱い芝居でしたよ。やっぱり相手の目や芝居を見ていると伝わってくるものがあるんですよね。それが閉じていたり、なかなか出せない人もいるけど、藤ヶ谷くんは感じたものがすべて出てくる人なので、こちらもそれを拾いながらぶつけていきましたよ」

――仮面をつけているときのアクション・シーンとは違って、あのシーンは観る側のハートにもズンズン響いてくるものがありますね。

「仮面を取った後の俺たちの殴り合いは、アクションというよりも、感情表現が“殴る”という行為になったものだからね。仮面をつけているときのアクションは心というより動きの躍動感を楽しんでもらえると思いますが、脱いだときのハートのアクションはそれとはまた違う。やっているときも感情で動くことが多かったかな」

――藤ヶ谷さんは演じていて、自然に涙がこぼれたと言ってました。

「そういうものを拾える力があるからだと思いますね」

――藤ヶ谷さんに対してはどんな印象を持たれましたか?

「普段はざっくばらん過ぎますよね(笑)。こっちが聞いてないことも色々話してくれるから面白かったですよ。だいたい、初対面の若い人たちは俺のことを怖がっちゃって、なかなか向こうから近寄ってくることはないんだけど、藤ヶ谷くんは撮影中も“遠藤さん、一緒にメシ食いましょう”って誘ってくれて。離れ気味のほかの若い子たちにも“みんなで一緒に食うんだよ”って声をかけていましたね」

――彼の魅力はどんなところにあると思いますか?

「声がいいかな。普段はすごく早口なんだけど、セリフを通して聞くと声の太さみたいなのがあって、俺はすごい好きだな。

それと、やっぱり目だよね。眼力が強いというのもあるけど、色っぽい目をしてるじゃない? 一見、冷たい感じがするんだけど、だから藤ヶ谷くんが笑うとファンの子たちはみんな喜ぶんだよ(笑)。完成披露上映会イベントのときに、ファンのみんながキャーキャー言っているから何かな? と思ったんだけど、そういうことだったんだよね。俺も藤ヶ谷くんに対してはクールなイメージはないね。ものすごく、ざっくばらんな人っていう印象の方が強いですよ」



――先ほどのクライマックスのバトル・シーンのほかに、思い出深い藤ヶ谷さんとのシーンはありますか?

「やっぱり、いちばん最後の別れ際のシーンですね。

あそこは大事だなと思っていたから。藤ヶ谷くんとは距離が結構あったし、俺、目が悪いから彼の姿はほとんどボケてたんだけど、それでもジ〜ンとさせるものが返ってきて。どんな仕上がりになるのかそのときは分かんなかったけど、完成した映画を観て、ああ、よかったなと思いました。あの最後の別れ際のシーンはいちばん好きですね」

――『仮面ティーチャー』の世界を体感されて、改めて、この作品ならではの面白さはどこにあると思いますか。

「本来は仮面をつけて“体罰”という成敗を生徒たちに加えていく立場にある主人公の剛太が、“心”が大事なんだって分かっていて、その“体罰”について悩む設定が面白いよね。そこがいままでのこの手の作品といちばん違うところじゃないですか。

アクション映画としてはもっと“体罰”の方に走らせた方が面白いかもしれないけど、“心”に訴えるという大切なメッセージが一個ポンとあるところが『仮面ティーチャー』のよさだと思います」

――『仮面ティーチャー』は女性のファンが多いですけど、男性が刺さるところは、男性の遠藤さんから見てどういうところだと思いますか?

「やっぱり熱いところかな。アクションもそうだけど、人間同士の熱いやりとりが、実際の学生の男の子にも、かつて学生だった大人の男性にもストレートに響くと思います。男性の方々にも観てもらって、『仮面ティーチャー』が描く“心”でぶつかり合うことの大切さを少しは感じてもらえると嬉しいですね」

取材終了後、『劇場版 仮面ティーチャー』の宣伝代表として、全国を旅してPRにまわっている「仮面宣伝マン」(参照:「『劇場版 仮面ティーチャー』特集 仮面宣伝マン"追っかけ!"の旅」[http://ure.pia.co.jp/list/sp?c=kamen_teacher])とご対面。

遠藤憲一は部屋に入ってきた仮面宣伝マンに「がんばって」と激励し、ガッチリ握手を交わしたのだった。

『劇場版 仮面ティーチャー』2月22日(土)より公開→[http://kamen-movie.jp/]

こちらのレポートもどうぞ!
『劇場版 仮面ティーチャー』特集 仮面宣伝マン"追っかけ!"の旅 [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/20379 ]
【仮面ティーチャー】Kis-My-Ft2藤ヶ谷の意外な一面が明らかに! 完成披露プレミア上映会も大成功 [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/20371 ]
『仮面ティーチャー』ドラマ版と映画版のキャストが集結! "高校生限定"試写会大募集! [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/20357 ]
【進撃の巨人】そこまでやるか! なりきり映像&グッズあれこれ [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/20653 ]
2014年に見ておくべき映画、厳選25本!【日本映画編】 [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/20341 ]